AI機能が進化したRAW現像・写真編集ソフト「Luminar 4」レビュー

PR記事

こんにちは!ギダッチ(@oddordinary)です。

少し前に、『AIを搭載したRAW現像・写真編集ソフト「Luminar 3」レビュー』という記事で、「Luminar 3」をレビューしました。

AIを搭載したRAW現像・写真編集ソフト「Luminar 3」レビュー
今回、Skylum様より写真編集ソフト「Luminar 3」を提供いただきましたので、レビューしました。直感的に操作できて、瞬時に素晴らしい効果を得ることが出来るソフトです。

そして今回は、2019年11/18にリリースされる、Luminar(ルミナー)の新ヴァージョン
Luminar 4」を発売前にSkylum社様より提供いただいたので、使ってみた感想をお伝えしていきたいと思います。



スポンサーリンク


RAW現像・写真編集ソフト「Luminar 4」とは

Luminar 4」は、アメリカのSkylum社から2019年11/18にリリースを控える、Mac・Windows用のRAW現像・写真編集ソフトです。

Luminar – MacとPC対応のベスト写真編集ソフトウェア | Skylum
数々の賞に輝くSkylumチームが開発したMacとPC用の写真編集ソフトの新バージョン。

Luminarシリーズは、AI技術を搭載した革新的な編集ソフトとして、海外ではすでに人気があります。

買い切りなので年間契約は必要なし

写真編集ソフトといえば「Lightroom」が有名ですが、Lightroomは契約制で、実際使ってなくても月々料金が請求されます。

反対にこのLuminarは、ソフトを1回買えばずっと使える”買い切り”ソフトとして販売されています。

現在、ダウンロード版が公式サイトで購入できます。
インスピレーションLOOKS』という6,500円相当のプリセットが付いて、特別価格で10,700円です。

Luminar4の購入はこちら

スポンサーリンク

AIを駆使した編集機能

Luminarの特徴といえば、AI技術が存分に活用されているところです。各機能を見ていきましょう。

AI補正

AI補正】には、2種類のスライダーがあります。この機能は「Luminar 3」でも搭載されていた機能で、「Luminar 4」では、表示方法が変わっています。

 

AIアクセント

簡易的な編集ならこれだけで良い効果を得ることが出来る機能で、Luminarで一番感動した機能でもあります。

左が調整前、右が調整後です。(スライダーを100まで上げています)

AIスカイエンハンサー

AIが空だけを認識して空の色を濃くしてくれる機能です。これも、例えばLightroomだと、範囲を手動で設定して補正するところなんですが、このLuminarでは、スライダーを動かすだけで調整できちゃいます!

左が調整前、右が調整後です。(スライダーを100まで上げています)

AIストラクチャ

「Luminar 4」で新たに搭載された機能、【AIストラクチャー】。

写真の中で、はっきりしない対象を判断しディテールを強調してくれる機能です。

従来の明瞭度およびストラクチャツールでディテールを強調すると、写真の一部がひどい状態になることがよくあります。Luminar 4のAIストラクチャフィルタは、修正が必要な箇所(人物とその顔、雲、水、建物など)を自動で特定し、そこのみをスマートに、対象物認識機能を用いて強調します。

引用:Luminar4公式ページ


作例

こんな風に、自然にディテールを強調してくれます。

AIスカイ・リプレースメント

これも「Luminar 4」で新たに搭載された機能、【AIスカイ・リプレースメント】。

空だけを差し替えることが出来る機能です。すごいですね!

作例

この写真の空を差し替えてみました。

全然違和感ないんですが・・・!

こんな感じで、あらかじめ用意されているテンプレートから好みの空を選択できます。

ポートレート写真にマジックを起こす

「Luminar 4」で新たに追加された、ポートレートモードでの編集がすごいことになっています。
AIを駆使した【スキンエンハンサー】、細かな補正が可能な【ポートレートエンハンサー】があります。

スキンエンハンサー】では、人物の肌の質感を滑らかにすることが出来ます。

ポートレートエンハンサー】では、各スライダーを駆使して様々な編集を施すことが出来ます。
かなり細かな補正が可能になっています。

 

シンプルなユーザーインターフェース

「Luminar 4」は、「Luminar 3」と同様で、シンプルな操作性&視認性のユーザーインターフェースが採用されています。

基本的には、「ライブラリ」で写真管理、「編集」で写真の編集画面になります。

各部説明

 

プリセット=70以上のLuminar Looksプリセットを使用して一瞬で素晴らしい効果を得られます。
ズーム=写真を拡大して見ることが出来ます。
調整前・後確認=全く調整していない状態と、調整した後の写真を確認できます。
トリミング=写真を切り抜いたり、アスペクト比を変更できます。
エクスポート=写真を書き出すことが出来ます。
写真表示切替=ライブラリの写真表示を単体にしたり複数にしたり出来ます。

上部のツールバーにあるアイコンで、だいたいの事は行えるようになっています。ここも、「Luminar 3」と少し変わっていますね。

編集画面

編集画面ですが、「Luminar 3」ではフィルターを追加していく形でしたが、「Luminar 4」では、各編集項目に分かれていて、そこに各フィルターがあらかじめ用意されています。

エッセンシャル

ここで基本的な調整をします。ホワイトバランスやコントラストといった基本的な編集ももちろん出来ます。

もちろん、「トーンカーブ」も搭載されています。

クリエイティブ

ここで、写真にクリエイティブな要素を加えていくことができます。

ポートレート

ここで、ポートレート写真の細かな調整が出来ます。

Pro

ここで、プロフェッショナルな高度な調整ができます。例えば、シャドウ部の色合いやハイライト部の色合いの調整もここで出来ます。

各フィルターは簡単にON /OFF出来るようにスイッチが付いています。

「Luminar 4」で編集した作例

ここで、「Luminar 4」の機能を使ってRAWデータを編集した作例をご紹介します。

各調整項目は以下のとおりです。

AIアクセント 90
AIスカイエンハンサー 50
AIストラクチャ 28
マット(量) 60
マット(コントラスト) 20
グロー(量) 10

プラグインとしても利用可能

単体として利用するだけでなく、PhotoshopやLightroomでプラグインとして利用することも出来ます。
インストールのときに、インストールするプラグインを選択することが出来ます。

なので、Lightroomでの編集でも、Luminarを起動させて編集し、その設定のままLightroomで再び編集が出来るので、幅の広い編集も可能です。

2台のコンピューターにインストール可能

「Luminar 4」は、2台のPC・Macにインストールして使うことができます。
お家のデスクトップと持ち出し用のノートPCにそれぞれ入れて、用途によって使い分けることが出来るので、便利ですね。

新規での「Luminar 4」の購入方法

それでは、公式ページでの「Luminar 4」の購入方法をお伝えしていきます。
まずは、下記のリンクから、「Luminar 4」のストアカートに行きます。

※すでにLuminarシリーズをお持ちの方は、お安く購入できますので、ここはスキップして下記の項目をご覧ください。

Luminar4ストアカート

下のようなページに行きます。

言語を「日本語」にすることも出来ます。

3種類のセットパックがあり、特別価格で購入可能です。
いずれかの「今すぐ購入」をクリックして進みます。

電子メール」の項目に、メールアドレスを記入します。

次に、クレジットカードの必要事項を入力していきます。

利用規約にチェックをします。

次に「お支払い」を押すと購入完了になります。

Luminarシリーズをお持ちの方の「Luminar 4」の購入方法

Luminarシリーズの以前のバージョンをお持ちの方は、お安くアップグレードが出来ますので、ページの下のある
今すぐアップグレード」をクリックして購入できます。

Luminar4ストアカート

メールアドレスを入力して「確認」を押して、「Upgrade」をクリックします。

まとめ

以上、AI技術を搭載したRAW現像・写真編集ソフト「Luminar 4」をレビューしてきました。さらに進化した機能で、プロ、アマチュア関係なく活躍してくれる編集ソフトではないでしょうか。

今回ご紹介した以外にも、たくさんの機能が搭載されています。

とにかくLuminarシリーズの良い所は、シンプルにスピーディーに素晴らしい効果が得られるという点だと思います。初心者の方にもおすすめです。

現在、ダウンロード版が公式サイトで購入できます。
インスピレーションLOOKS』という6,500円相当のプリセットが付いて、特別価格で10,700円です。

Luminar4の購入はこちら

Amazonでの購入はこちらから↓

created by Rinker
Skylum Software Inc.
¥10,650 (2019/11/19 19:59:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

コメント