著作権フリー動画用音楽サービス『Artlist』が最強な理由

「著作権フリー動画用音楽サービス『Artlist』が最強な理由」のアイキャッチ画像

 

ギダッチギダッチ
どーも、広島県の映像クリエイター、ギダッチです。

 

映像作品を作る際に必要となるのが、BGMです。

映像は、視覚と聴覚に訴えかけるものなので、音も非常に重要な要素ですね。

ですが、音楽というのは著作権が関わってくる制作物なので、安易に使用すると大変なことになります。

 

そんなクリエイターにとって最適な、著作権フリー動画用音楽サービス『Artlist』をご紹介します。

 

『Artlist』とは


出典:Artlist

 

Artlist』は、イスラエルに本社を構える、映像用音楽サービスです。

映像制作をやっている方なら、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

著作権を気にすることなく、サイトで提供されている音楽をダウンロードして映像作品で使用可能になっています。

 

ここからは、この『Artlist』の特徴に迫ってみようと思います。

 

スポンサーリンク

『Artlist』の特徴

 

Artlist』が人気の理由はどんなところなのでしょうか?

特徴を見ていきたいと思います。

 

年間サブスクリプション制

Artlist』の料金体系は、年間プランの一括払いになっています。

プランは3種類用意されています。

 

プラン①

音楽とSFX(効果音)がセットでダウンロードし放題のプランです。

映像制作では音楽だけではなく、効果音を加えることでより臨場感を持って伝えることが出来ますよね。

年間299ドルを前払いで支払います。

 

プラン②

音楽だけダウンロードし放題のプランです。

僕は現在このプランで契約しているのですが、効果音が必要になったら途中で追加することもできます。

 

年間199ドルを前払いで支払います。

 

プラン③

SFX(効果音)だけダウンロードし放題のプランです。

年間149ドルを前払いで支払います。

 

 

著作権が完全フリー

Artlist』の最大の魅力といってもいいかもしれない点がこちらです。

映像用に音楽を使用するときに一番気になるのは”著作権”です。
音楽は、特に著作権関係で問題になることが多いので、ここは慎重になる必要があります。

 

こういった音楽サービスでよくあるのが、一つのサブスクリプションで、一つのYouTubeチャンネルで使用することが出来るといったような体系が多いのに対し、この『Artlist』はその制限がありません。

 

しかも、商用利用(クライアントワークなど)も完全著作権フリーで使用できるんです。

これは、映像でお仕事している人にとって素晴らしい点だと思います。

 

YouTubeやInstagramをはじめとする各SNSプラットフォームで使用可能なので、細かなことを気にせずに創作活動に集中させてくれます。

 

使用できる媒体

  • YouTube
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • TikTok
  • Vimeo
  • コマーシャル
  • Twitch
  • Broadcast
  • WEBサイト
  • 結婚式

 

使用できる内容

  • ビデオクリップ
  • 広告
  • プレゼンテーション
  • アニメーション
  • スライド
  • ポッドキャスト
  • 映画
  • シリーズ
  • ゲーム(背景のみ)
  • アプリ(バックグラウンドのみ)

 

こんなに多くの媒体などで使用できるんですね。

いや〜、嬉しい!!

 

高品質な動画用の楽曲ラインナップ

簡潔なサービス形態だけではなく、もちろん音楽の質もかなり高いものが多いんです。

世界のインディーアーティストが数多く登録しており、ジャンルも多岐にわたります。

 

ジャンルごとのプレイリストを作りましたので、参考にしてみてください。

 

インディー系

 

シネマティック系

 

 

望む雰囲気の楽曲を探せる

 

 

 

Artlistで望む楽曲を探す方法です。

こんな感じで、音楽を探すときも色んな探し方があります。

 

・ムード
・ビデオテーマ
・ジャンル
・楽器
・ボーカルあり、なし
・テンポ
・尺の長さ

これらの要素を組み合わせて、探している雰囲気の曲が見つけやすい仕様になっています。

試聴だけは無料で出来るので、こちらからサイトにGO↓

 

 

曲をコレクションに保存出来る

気に入った曲やアーティストは、Libraryにフォルダを作って保存することが出来るので、すぐに呼び出すことが出来ます。

 

プロジェクトのジャンルごとに保存しておいて、案件が入ったらそのジャンルのコレクションを瞬時に呼び出すなんてことも出来ますね。

 

Artlistの登録方法

ここからは、Artlistへのサブスクリプション登録方法を解説していきます。

まずは、こちらのリンクから公式サイトに行きます。

Artlist

 

 

そうすると、上記の画面に行くので、『Subscribe & Get 2 Extra Months』というボタンを押します。

 

 

次にプランを選択する画面になるので、お好きなプランを選んで『Select』を押します。

 

プラン

①MUSIC & SFX(音楽と効果音)年間299ドル

②MUSIC(音楽のみ)年間199ドル

③SFX(効果音のみ)年間149ドル

 

次に、名前とEmailアドレス、お好きなパスワードを入力します。

 

プランに間違いないか確認し、『Paypal』か『クレジットカード』のいずれかを選択し『Subscribe』を押せば登録完了です。

すぐにサブスクリプションが開始し、曲をダウンロードして使用できます。

 

注意事項

支払いは年額を一括で前払いする形になります。

 

日本語表記にする方法

『Artlist』は、英語のサイトなのですが、日本語で表示することも可能です。

 

https://artlist.io/jp/

 

というように、URLの語尾に『/jp』を付けると日本語表記になります。

 

まとめ

Artlist』は、めちゃくちゃ分かりやすいサービスで、映像制作者の味方になってくれる音楽サービスだと感じます。

ほとんどのクリエイターが使っているのも頷けますね。

 

クライアントワークやYouTubeで楽曲使用するなら、間違いなくおすすめなサービスです。

 

通常12ヶ月契約が14ヶ月に延長に!

 

 

The following two tabs change content below.
広島県東部を拠点に活動するビデオグラファー。 このブログでは、カメラ・写真・映像に関することを発信していきます。