FUJIFILMレンズ『XF56mm F1.2 R APD』のAPDって何?

レンズ

どーも、ギダッチです。

FUJIFILMから発売されている、Xマウントフジノンレンズ『XF56mm F1.2 R』。
このレンズ、2種類種類があるのをご存知ですか?

まず、『XF56mm F1.2 R 』というレンズ。

created by Rinker
富士フイルム
¥100,460 (2019/12/14 06:28:41時点 Amazon調べ-詳細)

そして、『XF56mm F1.2 R  APD』というレンズ。

created by Rinker
富士フイルム
¥146,054 (2019/12/14 06:28:41時点 Amazon調べ-詳細)

両者の違いは、「APD」という文字があるかないかです。そして、両者の値段は、約5万円の違いが出ています!
そこで今回は、この「APD」とは何なのかについて、掘り下げたいと思います。



スポンサーリンク


「APD」とは何なの?

APD」とは、アポダイゼーションフィルター(APDフィルター)のことなんです。
XF56mm F1.2 R APD』というレンズは、このフィルターがついているレンズのことなんですね。

では、このアポダイゼーションフィルター(APDフィルター)とは何なのでしょうか?

以下、FUJIFILM公式サイトの引用です。

APDフィルターは、前ボケ・後ボケのどちらも柔らかいボケを生成できるフィルターで、理想的なボケ味を得ることができ、卓越した写真画質と立体感のある表現が可能となります。

引用:FUJIFILM公式サイト

APDフィルターとは、中心部の透過率は高く、周辺部に向かって透過率が低くなるフィルターです。自由なグラデーション特性を作ることが出来る

引用:FUJIFILM公式サイト

APDフィルターの主な特長

(1)ピントが合った部分の解像度や画質はそのままで、ボケ像の輪郭のみが柔らかくなります。

(2)明るい開放絞りほど、大きな効果が得られます。

(3)APDフィルターにより、画面の周辺光量が減ることはありません。

(4)APDフィルターにより、AE/AWBに対する影響はありません。

(5)APDフィルターの影響で像面位相差AFは使用出来ません。AF動作は自動的にコントラストAFとなります。

引用:FUJIFILM公式サイト

要約すると、柔らかなボケを実現するフィルターということですね。(要約しすぎ)

フィルターあり、なし時のボケの具合

出典:FUJIFILM公式サイト

◆1段目 ピントが合っている場合
◆2段目 APDフィルターなしのボケ画像
◆3段目 APDフィルターありのボケ画像

2段目の文字が、APDフィルターなしで、3段目がAPDフィルターありのボケの具合です。
こう見ると、APDフィルターありの方が、ボケがなだらかですよね。

こちらの画像で、より実践的な違いが見れます。画像はFUJIFILMさんから引用しています。

出典:FUJIFILM公式サイト

 

こちらは、APDフィルターありの作例です。

出典:FUJIFILM公式サイト

APDフィルターありの方が、たしかに柔らかい印象になりますね。
拡大画像は、FUJIFILM公式サイトで確認してみてください。

アポダイゼーションフィルター(APDフィルター)の原理と効果 | 富士フイルム
アポダイゼーションフィルター(APDフィルター)の原理と効果

スポンサーリンク

まとめ

フジノンレンズ『XF56mm F1.2 R APD』にある「APD」の謎がわかっていただけたと思います。
両者の違いを認識して、後悔のないレンズ選びをしてくださいね。

では、今回はこの辺で。

created by Rinker
富士フイルム
¥100,460 (2019/12/14 06:28:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
富士フイルム
¥146,054 (2019/12/14 06:28:41時点 Amazon調べ-詳細)

コメント