永遠に語り継がれる海外の写真家4選

写真家

どーも、ギダッチです。

わたくしは、ストリート写真が好きです。街をスナップして撮影された写真ですね。

そして、歴史を作ってきた写真家は、たくさんいると思いますが、今回はストリートを写してきた海外写真家を4名ご紹介します。

では、いってみましょう。



スポンサーリンク


写真家① アンリ・カルティエ=ブレッソン

アンリ・カルティエ=ブレッソン(1908年8月22日 – 2004年8月3日は、20世紀を代表する写真家として、評されているフランスの写真家です。
1931年から、レンジファインダーカメラのライカで、写真を撮り始めました。

アンリ・カルティエ=ブレッソンの写真は、完璧な構図、まるで造られたかのような決定的瞬間。
絵画のような、映画のワンシーンような写真なんですよね。

 

View this post on Instagram

 

Henri Cartier-Bressonさん(@_henricartierbresson)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

Henri Cartier-Bressonさん(@_henricartierbresson)がシェアした投稿

また彼は1947年に、国際的写真家集団「マグナム・フォト」を、ロバート・キャパらと創設しました。

http://www.magnumphotos.co.jp/

アンリ・カルティエ=ブレッソンの名言

ひとの写真を撮るのは恐ろしいことでもある。なにかしらの形で相手を侵害することになる。だから心遣いを欠いては、粗野なものになりかねない。

これは、ストリートで写真を撮る方には、胸に叩き込んでおきたい言葉ですね。

アンリ・カルティエ=ブレッソンの写真集

スポンサーリンク

写真家② ロバート・フランク

ロバート・フランク( 1924年11月9日 – )は、スイス生まれでアメリカで活躍した写真家です。
1947年にアメリカに移住し、ファッション・カメラマンとして生計を立てます。

のちに、アメリカを2年間横断し、1958年に発表した写真集の『The Americans』は、写真史に残る傑作として賞賛されています。

ロバート・フランクの名言

私の写真は前もって計画したり構図を決めて撮ったものではない。写真を見る人が共感してくれるのを期待することもない。しかし、もしも私の写真が見る人の心になにかイメージを残すとしたら、そのとき何かが成し遂げられたと私は感じるのである。

引用:アジェ・フォト

ロバート・フランクの写真集

created by Rinker
Steidl Dap
¥3,479 (2019/04/24 19:31:42時点 Amazon調べ-詳細)

写真家③ ソール・ライター

出典元:Wikipedia

ソール・ライター(1923年12月3日 – 2013年11月26日)は、アメリカ・ピッツバーグ生まれでニューヨークで活躍した「カラー写真のパイオニア」とも称される写真家です。

1950年代に、ファッションカメラマンとして活躍しました。
のちに、商業写真からは退きましたが、2006年にドイツのシュタイデル社によって見出され、その写真たちは、脚光を浴びることとなります。

 

View this post on Instagram

 

SaulLeiterPageさん(@saulleiterpage)がシェアした投稿

ソール・ライターの写真は、望遠レンズで切り取ったような、大胆な構図、色彩が特徴です。

ニューヨークのストリートを撮り続けた写真家『ソール・ライター』
カラー写真のパイオニア、写真家ソール・ライターに密着したドキュメンタリー映画 『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』を見て、すっかりファンになってしまいました!

ソール・ライターの名言

肝心なのは何を手に入れるかじゃなくて何を捨てるかなんだ。

これは、非常に深い言葉だと思います。仏教にも通じる面がありませんか?
人は、あれもこれも欲しがるけど、それを手放すことで、本当の幸せが舞い込んでくる・・・。みたいな。

ソール・ライターの写真集

created by Rinker
¥6,086 (2019/04/24 19:31:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,399 (2019/04/24 22:24:34時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,803 (2019/04/24 19:31:43時点 Amazon調べ-詳細)

写真家④ ウィリアムエグルストン

出典元:ISM

ウィリアム・エグルストンは、1939年にアメリカのメンフィスで生まれ、アンリ・カルティエ=ブレッソンとウォーカー・エヴァンスの影響で写真家を志します。
カラー写真をアートにした先駆者として、語り継がれています。

前述したソール・ライターも「カラー写真のパイオニア」と呼ばれていますが、アートに関してはエグルストン、という感じでしょうか。

出典:Casa Brutus

1976年には、ニューヨーク近代美術館(MoMa)にて、個展を開いています。

ウィリアム・エグルストンの写真集

created by Rinker
Museum Of Modern Ar
¥4,761 (2019/04/24 22:24:34時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥6,042 (2019/04/24 19:31:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,502 (2019/04/25 06:01:58時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥7,716 (2019/04/24 22:24:35時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

いかがでしたでしょうか?

影響受ける事間違いなしの、ストリートを写してきた海外写真家を4名ご紹介しました。
名写真家の写真を見ていたら、写真撮りたくてうずうずしてきました!

では、今回はこの辺で。

コメント