動画撮影になぜNDフィルターが必要なのか?おすすめNDフィルターも紹介!

「動画撮影になぜNDフィルターが必要なのか?おすすめNDフィルターも紹介!」のアイキャッチ画像

 

ギダッチギダッチ
こんにちは!ギダッチ(@oddordinary)です。

 

デジタルカメラで動画を撮影するときに、NDフィルターが必要だということは、みなさんも聞いたことがあるかもしれません。

 

そんな今回は、なぜ動画撮影にNDフィルターが必要なのかについてお話していこうと思います。

 

参考になれば幸いです。

 

 

カメラにおけるフレームレートとシャッタースピードについて

普段あまり意識はしませんが、動画は静止画の集まりで出来ています。

1秒間の間に、どれだけの静止画を撮影するかという設定を、fpsという値で設定することが出来ます。

これが、フレームレートです。

 

・24fps
・30fps
・60fps
・120fps

このような数値で設定することが出来ます。

これは、カメラによって設定できるfpsが限られてきます。

 

例えば、僕が所有しているSONY α7ⅱでは、

・24fps
・30fps
・60fps

までしか設定することが出来ません。

次にシャッタースピードについてですが、動画撮影におけるシャッタースピード値は、fpsの2倍の数値にするほうがいいと言われています。

 

例えば、24fpsなら1/50秒にするといいです。

 

この数値が動画を適度にブレさせてくれるんですね。

 

動画の場合は、適度にブレたほうが自然な感じになるので、良いといわれています。

 

スポンサーリンク

動画撮影になぜNDフィルターが必要なのか

そんなこんなで、動画撮影になぜNDフィルターが必要なのかということです。

先ほどの原理で、fpsの2倍のシャッタースピードに設定した場合・・・

 

晴れた日中では、シャッタースピードを遅くしてしまうと、映像が明るくなりすぎてしまいます。

 

だったら、F値を絞ればいいじゃないか。

 

ということになりますが、絞りはボケ味という、表現するために必要な要素なので、自由に変更できないと不便です。

そこで、NDフィルターというフィルターをレンズに付けて、サングラスのように光の量を減らすことで、シャッタースピードを遅くしても適正露出を得られるようにします。

 

おすすめのNDフィルター

それでは、おすすめのNDフィルターをご紹介していきます。

なかでも、おすすめなのが「可変式NDフィルター」というもので、これは一つでフィルターの濃度を変更できるという大変すぐれたものになります。

 

K&F Concept ND2-ND32フィルター


まずは、僕も使用しているNDフィルター「K&F Concept ND2-ND32フィルター

ND2-ND32までの濃度を調節できる可変式NDフィルターで、可変式NDフィルターの中でも安価なのがうれしいです。

可変式NDフィルターは、ムラが出るものもありますが、このフィルターはそれがないと評判です。

映像クリエイターの、TV DAIGENさんも使用しているとのことです。

 

NiSi 可変NDフィルター VARIO

Cinematic Vlogで有名なYouTuber、AUXOUTさんも使用しているというNDフィルター「NiSi 可変NDフィルター VARIO」。

ND32-ND500という幅広い濃度を調節できるので、日差しの強いときにおすすめです!

created by Rinker
NiSi
¥13,420 (2020/09/29 13:32:57時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

はい、ということで今回は、動画撮影になぜNDフィルターが必要なのか?というテーマでお話ししてきました。

 

NDフィルターを使用して、素敵な動画を作っていきましょう!

では。