【レビュー】SIGMA 18-35mm F1.8 ARTレンズを1年使ってきた感想

「【レビュー】SIGMA 18-35mm F1.8 ARTレンズを1年使ってきた感想」のアイキャッチ画像

 

ギダッチギダッチ
どーも、広島県の映像クリエイターのギダッチです。

 

映像クリエイターの間で、大変人気のレンズの一つとして名高い『SIGMA 18-35mm F1.8 Art DC HSM』。

僕もお気に入りのレンズの一つですが、約1年間使い続けてきたのでレビューをすることにしました〜!

 

結論を申し上げると、買って損はないレンズですよ。

今回は、メリットからデメリットまでを完全網羅しましたので、是非ご覧ください。

 

動画でもレビューしてます↓

 

SIGMA 18-35mm F1.8 ART


出典:SIGMA公式

 

SIGMA 18-35mm F1.8 Art DC HSM』が発売されたのは、意外にもかなり前である2013年です。

もう8年前(2021年現在)のレンズなんですね。

 

世界初!という、ズーム全域で絞りF1.8通しで撮影できるレンズとして話題になりました。

 

通常、ズームレンズの絞り通しレンズは、F2.8までのものが多いのですが、これは何段も小さいF値である1.8を実現。

 

SIGMA 18-35mm  F1.8 DC HSM Art  のスペック

 

焦点距離 18-35mm
絞り F1.8-F16
フォーカス マニュアル・オート
最短撮影距離 0.28m
フィルター径 72mm
マウント シグマ SA マウント
ニコン F マウント
キヤノン EF マウント
ソニー A マウント
価格 6万〜8万くらい

 

created by Rinker
シグマ(Sigma)
¥74,181 (2021/10/23 03:53:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

スポンサーリンク

SIGMA 18-35mm F1.8 ARTのメリット

SIGMA 18-35mm F1.8 Art DC HSM』のメリットを見ていきましょう!

シャープな描写性と表現力

SIGMAのレンズらしく、キレのいいシャープさが一つの特徴になります。

かといってカリカリというわけではなく、ほどよく柔らかさもあります。

ボケの質感も高級感があり、スムーズで自然なボケ感ですね。

 

Artシリーズならではの、映画的な表現力も人気が高い理由の一つです。

 

F1.8通し

なんといっても、全ズーム域でF1.8まで開けて撮影できるのも特徴の一つです。

このクラスのレンズは基本10万〜20万円はするのですが、このレンズは新品でも7~8万円で購入できます。

 

インナーズームを採用

SIGMA 18-35mm F1.8 Art DC HSM』は、インナーズームを採用しています。

通常のズームレンズは、ズームを変えると全長が伸びたりするのですが、このインナーズームとは、ズームを変化させた時に全長に変化がない機構になります。

 

SIGMA 18-35mm F1.8 ARTのデメリット

次に『SIGMA 18-35mm F1.8 Art DC HSM』のデメリット部分も見ていきましょう。

 

大きさと重量

SIGMAのARTシリーズ全てに言えることなんですが、『大きくて重い』というところがあります。

重量は810gもあります!

小さなカメラボディーの場合は、重心が前に来るのでバランスが悪くなってしまいますね。

 

SIGMA 18-35mm F1.8 ARTをBMPCC4Kで使う

 

僕は現在このレンズを『BMPCC4K』で使用しています。

 

BMPCC4Kはマイクロフォーサーズマウントなので、このレンズに合うマウントはないんですね・・・。

そこで、マウントを合わせるためのマウントアダプターを使用します。

 

中でもおすすなのが『スピードブースター』というものです。

電子接点が付いているので、オートフォーカスや絞りをカメラ側で制御できます。

 

僕が使用しているのはこちらのスピードブースター↓

補足説明

レンズのマウントはEFマウントになります。

 

このスピードブースターを使うと、焦点距離が0.71倍になり、最大F値が一段明るくなるという特徴があります。

 

 

 

SIGMA 18-35mm F1.8 ART使いのクリエイター

SIGMA 18-35mm F1.8 Art DC HSM』はプロの現場でも使われているほど信頼性の高いレンズです。

プロのクリエイターでも使ってる人が多いのも頷けます。

 

そこで、このレンズを使っているクリエイターをご紹介!

 

Of Two Lands

YouTubeで約2.7万人の登録者を獲得している、オーストラリアのFilmmaker『Of Two Lands』です。

主にトラベルムービーやドキュメンタリー系の映像を制作しています。

 

Sjoerd Wess

YouTubeで登録者を6000人以上獲得している、Filmmaker『Sjoerd Wess』です。

主にドキュメンタリー系やネイチャー系の映像を制作しています。

 

James Matthews

YouTubeで登録者を約24万人獲得しているイギリス?のFilmmaker『James Matthews』です。

 

 

SIGMA 18-35mm F1.8 ARTの作例

ここからは、僕自身がこのレンズで撮影した作例をご紹介します。

 

SIGMA 18-35mm F1.8 ARTを使ってきた感想

SIGMA 18-35mm F1.8 Art DC HSM』を約1年使ってきた感想ですが、

確かに持ち出すのが億劫になる大きさや重量の問題はありますが、18-35mmのズームレンズでF1.8の描写性と表現力は素晴らしいです。

 

焦点距離もちょうどよく、仕事の案件ではこれ1本あれば事足ります。

おそらく今後もずっと使っていくことになると思います。

 

まとめ

以上、『SIGMA 18-35mm F1.8 Art DC HSM』のレビューを行ってきました。

本当にいいレンズなので、迷っている方は今回のレビューを参考にしてみてください。

 

created by Rinker
シグマ(Sigma)
¥74,181 (2021/10/23 03:53:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

The following two tabs change content below.
広島県東部を拠点に活動するビデオグラファー。 このブログでは、カメラ・写真・映像に関することを発信していきます。