Lomography Simple Use Film Cameraで尾道を撮影してきました!

カメラ

どーも、広島県尾道市で活動中のフォトグラファー、ギダッチです。

ロモグラフィーが発売する、プラスチックフィルムカメラ「Lomography Simple Use Film Camera」で、尾道を撮影してきました。



スポンサーリンク


「Lomography Simple Use Film Camera」とは

Lomographyというフィルム・カメラメーカーが発売する、レンズ付きフィルムです。

フジフィルムの「写るんです」とほぼ同じサイズで、使い方もほとんど同じです。(フィルムをレバーで巻いて、シャッターを押すだけ)

●使用フィルム: 35mm フィルム 36枚撮り
●レンズ焦点距離: 31mm
●シャッタースピード: 1/120秒
●絞り: f/9
●撮影距離: 1m 〜 無限遠
●フラッシュ: 内蔵フラッシュ(長押しでON)、再チャージ時間約15秒
●バッテリー: 1 x 単三乾電池内蔵
●本体サイズ (mm): 115 x 60 x 33

3種類のラインナップ


出典:Lomography

Lomography Simple Use Film Camera」には、3種類のラインナップが揃っており、それぞれ入っているフィルムが違ってきます。

・Color Negative 400
・LomoChrome Purple
・Lomography Lady Grey B&W 400

今回使用したのは、Color Negative 400のカメラです。

カラーフラッシュ

・Color Negative 400
・LomoChrome Purple

のカメラには、画像のように、フラッシュの位置に3色のカラーフィルターが備えられています。
フラッシュを炊くときにフィルターを被せたら、実験的な色つき写真が出来上がります。

フィルムの交換も可能

このカメラの特徴といえば、フィルム交換が出来るという点です。

撮り終わったら、違うフィルムを入れて再度撮影することが出来ます。(自己責任で)

フィルム交換方法はこちらから

Lomography - Simple Use Film Camera:使い方・フィルム交換方法
ロモグラフィーの Simple Use Film Camera (レンズ付きフィルム)。その詳細な使い方や、フィルムの交換方法をご紹介します!

スポンサーリンク

尾道を撮影してきました!

今回は、この「Lomography Simple Use Film Camera」で尾道を撮影してきました。

宝土寺というお寺境内にいる猫です。

真っ青ですね。

尾道のレトロな街並みにマッチしていますね。

ブレブレ写真です。

尾道駅前にある交番です。鮮やかな青が目を引くんですよね。

複合施設「U2」のヤードカフェ。

なんか湾曲してますね。

セルフポートレート。味がある~。

プラスチックレンズは、逆光時も柔らかい光を写せます。

室内はフラッシュを炊きましょう。こんな写真になります・・・。

尾道の「ラテハートカフェ」にて。フラッシュを炊いて撮影しました。

この2枚は、カラーフラッシュ(青)を被せて撮影しました。

こちらの2枚は、カラーフラッシュ(赤)を被せて撮影しました。

これは、あるあるですが、指が入ってしまいました。

カラーフラッシュ(黄色)を被せて撮影しました。

「Lomography Simple Use Film Camera」の使用感

Lomography Simple Use Film Camera」を使用してみて感じたのは、サッと取り出せてサッと撮れるスナップカメラだということです。

旅のお供にも良いでしょう。

今回は、フィルム現像を「カメラのキタムラ」でお願いしたのですが、【Lomography Color Negative 400】のフィルムを現像してもらうと、必ず青が強い写真が出来上がってくるんですよね。
色味に関しては、現像所でだいぶ違ってくるので注意してください。

「Lomography Simple Use Film Camera」の購入方法

Lomography Simple Use Film Camera」は、現在、Lomographyオンラインショップで購入することができます。

Lomography Simple Use Film Cameraを購入する

Simple Use Film Camera (レンズ付フィルム)
独創的でロモグラフィックな写りが簡単に楽しめる!ロモグラフィーから Simple Use Film Camera (レンズ付フィルム) が登場。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。さらに、使い切ったら新しい35mmフィルムを入れてもう一度楽しむこともできる優れもの。

今回のまとめ

ロモグラフィーが発売する、レンズ付きフィルム「Lomography Simple Use Film Camera」で尾道を撮影した記事を書いてきました。

気になったら試してみてください。

コメント