Lomographyが新しいフィルムを開発!「LomoChrome Metropolis」

フィルム

どーも、広島県尾道市で活動中のフォトグラファー、ギダッチです。

現在、アナログな写真カルチャーを発信する団体、Lomography(ロモグラフィー)がクラウドファンディングプロジェクトで資金を募っています。

その内容はというと、ロモグラフィーが開発した新しいフィルム「LomoChrome Metropolis」の製品化をするというもの。


このフィルムは一体どんなフィルムなのでしょう。探っていきましょう。



スポンサーリンク


「LomoChrome Metropolis」とは

LomoChrome Metropolis」は革新的で挑戦的なフィルムだと思います。

独特な発色

イエローとグリーンが落ち着いたカラーを生み出し、強いコントラストが特徴的です。

”都会(メトロポリス)をドラマチックに描くフィルム”と言われていますね。古い映画のようなドラマチックな描写のようです。

ISO感度

ISO感度は、100~400までとなっていまして、カメラのほうで設定して使用します。ISOの設定でも写りが変わってくるとの事なので、こちらも違いを楽しめますね。

4種類のフィルムフォーマットを用意


出典:Motion Gallery

今回のこのフィルム「LomoChrome Metropolis」は、35mmや120フィルムに加えて、11016mmフィルムも用意されています。

ロモグラフィーの本気が伝わってきますね。

※16mmフィルムは、世界で500本の支援が集まらない限り製造はされないとのことです。

現像方法

現像方法は、カラーネガ現像方式の”C-41”で現像できます。一般的なフィルム現像できるお店なら当日仕上がりが出来ます。

2020年3月に発売予定

商品の発売は、2020年3月を予定しているとの事です。楽しみですね。

スポンサーリンク

「LomoChrome Metropolis」の作例

Motion Galleryにアップされている作例写真を引用させていただき、ご紹介します。


出典:Motion Gallery

 


出典:Motion Gallery

彩度が低い映画を感じさせます。

まとめ

ほんと楽しみなフィルムということが、わかりました。期待して待ちたいと思います。

こちらの、Motion Galleryにて2019年8/3時点でクラウドファンディング開催中です。8/27までです!いくつかリターンが用意されているので覗いてみてください。

 

コメント