ハーフサイズフィルムカメラ「Kyocera Samurai」レビュー

フィルムカメラ

こんにちは!ギダッチ(@oddordinary)です。

先日、ハーフサイズフィルムカメラの「Kyocera Samurai」を手に入れたのでレビューしていきたいと思います。
はじめてのハーフサイズカメラだったのですが、新しい写真の楽しみ方を知ってしまいました。



スポンサーリンク


ハーフサイズフィルムカメラ「Kyocera Samurai」とは

「Kyocera Samurai」は、1987年に発売されたハーフサイズフィルムカメラです。いろんなヴァージョンがあるのですが、今回ご紹介するのは「Kyocera Samurai x3.0」というヴァージョンのカメラです。

全ての機能をオートで操作してくれるカメラで、レンズはズームレンズを搭載しています。

このカメラはシェイプが独特で、まるでハンディーカムのような外観をしています。こんな形の写真用カメラは他にないんじゃないでしょうか。

「Kyocera Samurai」のスペック

「Kyocera Samurai」のスペックは以下のとおりです。

使用フィルム 35mmフィルム
フォーマット 35mmハーフサイズ
レンズ 25mm~75mm F3.5~
シャッタースピード 1/500~2秒
最短撮影距離 1m~

 

使用電池

この「Kyocera Samurai」を使うには、電池が必要になります。リチウム電池の「2CR5」という電池を入れて使用します。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥680 (2019/11/19 23:57:16時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

ハーフサイズフィルムカメラってなに?

ハーフサイズフィルムカメラとは、35mmフィルムの1コマの中に2枚の写真を撮影することが出来るフィルムカメラです。
したがって、通常撮影できる枚数の2倍の枚数を撮影することが出来るんですね。

その他に代表的なハーフサイズフィルムカメラは、「OLYMPUS Pen」シリーズが有名です。

created by Rinker
¥9,800 (2019/11/19 19:59:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥25,000 (2019/11/19 19:59:52時点 Amazon調べ-詳細)

ハーフサイズフィルムカメラ「Kyocera Samurai」の作例

「Kyocera Samurai」で撮影した作例をご紹介します。今回は、1コマを1枚としてスキャンしてもらったので、2枚1組になっている状態です。

使用フィルム:FUJIFILM X-Tra 400

発色がとても良いですね。

ズームすると、ボケを活かした撮影も可能。

以外に繊細な描写をしてくれるんですよね。京セラのカメラにハズレはない気がします。

光と影の捉え方が素晴らしいです。

空の色も淡い感じで好きです。

ハーフサイズフィルムカメラ「Kyocera Samurai」を使ってみた感想

「Kyocera Samurai」を使用してみた感想ですが、珍しい形のカメラにしては使いにくい感じもなく、操作はしやすかったです。ファインダーは小さいので見にくかったですね。

通常の倍の枚数が撮れるということで、いつもの感覚だとなかなか撮り終わらないという・・・。なので、普段撮らないようなものを撮ったり、新鮮な撮影が出来ました。

写真の描写は申し分なく、人気の理由が分かりました。やはり京セラのカメラはいい物が多いですよね。

今回は、フィルムのスキャンを2枚1コマとしてしてもらいましたが、1枚を1コマとしてスキャンしてくれるところもあるので、そこは現像所に問い合わせてみてください。

まとめ

以上、ハーフサイズフィルムカメラ「Kyocera Samurai」をご紹介してきました。ハーフサイズカメラの選択肢としていかがでしょうか?

詳細な使い方は動画で説明していますので、良ければYouTubeでもご覧ください。

YouTubeでもレビューしています↓

 

コメント