【レビュー】ノスタルジックな白黒(モノクロ)フィルム「KOSMO FOTO MONO 100」

「【レビュー】ノスタルジックな白黒(モノクロ)フィルム「KOSMO FOTO MONO 100」」のアイキャッチ画像

こんにちは!ギダッチです。

35mm白黒(モノクロ)フィルム「KOSMO FOTO MONO 100」のレビューを行っていきます。
あまり聞き慣れないメーカーのフィルムで、パッケージのオシャレさにつられて買ってしまいましたー。

では、レビュー行ってみましょう!

「KOSMO FOTO MONO 100」とは

この「KOSMO FOTO(コスモ・フォト)」というのは、メーカー名らしいのですが、どこの国かはハッキリしませんでした。

ヨーロッパのような感じはするのですが・・・。

サイトを探してみると、下記のサイトがヒットしまして、カメラレビューやフィルム関連の記事を発信するメディアでもあるようです。

Kosmo Foto – Analogue adventures

そんなプロジェクトが発売する白黒フィルムが、「KOSMO FOTO MONO 100」です。

 

ISO 100
撮影枚数 36枚
現像 C-41

https://www.instagram.com/explore/tags/kosmofotomono100/

スポンサーリンク

「KOSMO FOTO MONO 100」の作例

KOSMO FOTO MONO 100」の作例をご紹介します。

使用カメラ:LOMO LC-A

ファーストロール。尾道の浄土寺で撮影しました。

浄土寺の多宝堂と鳩。

尾道の定番構図。街並みと尾道水道です。

尾道のゲストハウス「みはらし亭」の資料スペース内から撮影。LC-Aで撮ったとは思えない写り!

尾道の猫広場で撮影。雰囲気出てますね。

尾道の猫の細道で撮影。コントラスト高め。

このピントの合ってなさが良い!!

尾道の商店街にて。朝の風景です。

尾道にはこんなレトロな公園があるんですよね。

千光寺道にいる黒猫。まだ小さい。最近産まれたのかな・・・。

花を白黒で撮るのもいいですね。

尾道水道。

グッドガール前。どういうことでしょう・・・。これも尾道の面白いところ。

これ、けっこうお気に入りの一枚。

「KOSMO FOTO MONO 100」を使ってみた感想

KOSMO FOTO MONO 100」を使ってみた感想ですが、ISO100といっても、微粒子という感じは無く、解像度の高さよりも、ノスタルジックな写りが売りのフィルムだと感じました。

今回は、「LOMO LC-A」というカメラで撮影したんですが、相性はバツグンで、よりレトロさが出て良いと思いました。

まとめ

KOSMO FOTO MONO 100」のレビューをしてきましたが、いかがでしたでしょうか?
ノスタルジックな写りが好印象でした。

白黒フィルムは、なかなか手が出しづらいこともあるかと思いますが、1回使ったら病みつきになりますよ。

今回現像してもらったのは、こちら。