写真展のキャプションボードの作成方法

写真展

どーも、ギダッチです。

このたび、2019/6/15~6/28のあいだ、写真展を尾道で開催することになりました。

【告知】尾道とフィルムをテーマにした写真展を行います
どーも、ギダッチです。 2019/6/15(土)~6/28(金)まで、尾道の「尾道ecoライフ館」にて写真展を行い...

写真展を開催するにあたり、展示写真を説明するための「キャプションボード」が必要になります。
初めてのことだったので、ネットで調べたりしながら作成しました。

そこで今回は、展示作品に添える「キャプションボード」の作り方を共有したいと思います。



スポンサーリンク


「キャプションボード」とは

写真展に限らず、アート作品の展示でよく見かける作品説明のボードのことを「キャプションボード」と言います。

作品のタイトルや、作者名、備考などを記載するためのものですね。
これもチャチな作りだと、作品の世界観を壊しかねないので、作品の一部といえるでしょう。

よって、写真展を成功させるには「キャプションボード」にも、こだわっていきたいところ。

スポンサーリンク

Photoshopでデザインを作成

では、今回作成した「キャプションボード」のデザインの作り方をご紹介していきます。

今回は、Photoshopで作成しました。他にはMicrosoft社の「PowerPoint」や、「Word」なんかでも作成は出来ると思います。

自分は「Adobe Creative Cloudフォトプラン」に契約しているので、Photoshop CCを使いました。

Photoshop CCで型を作成

まずは、Photoshop CCを開き、A4で新規にプロジェクトを作成し、長方形ツールで枠を作っていきます。

W: 74.2mm  H: 52.4mmで枠を作成します。Photoshop CCは、画像のように、長方形を作成するときにサイズを表示してくれるので便利です。

長方形のシェイプの塗りは無しにして、シェイプ腺のみにします。
シェイプ腺の太さは、2pxにしました。

次に枠の中にテキストを書いていきます。フォントもじっくり考えて選びましょう。けっこう大事です。

テキストを入れたら、長方形とテキストを選択し、横に複製します。
複製の仕方は、キーボードのショートカットでWindowsの場合「Ctrl」+「J」、Macの場合、 「command」 + 「D」

タイトルは、あとでまとめて変更したらいいでしょう。

こんな感じで、どんどん複製していきます。このサイズだとA4サイズに10枚のキャプションを作ることが出来ます。

作成したデータをプリントしよう

デザインデータが完成したら、紙にプリントしていきましょう。プリンターを持っている方は、プリンターを使えばすぐプリントできますね。

普通のコピー用紙は、質感がイマイチなのでおすすめできません。厚紙マット紙が、おすすめ。

プリンターがない方は

お家にプリンターがない方は、コンビニでのプリントがおすすめです。

さきほどPhotoshopで作成したデータを、PDFとして保存します。
そして、PDFファイルを各コンビニのスマホアプリから、WiFi送信でコンビニのプリンターに送りプリントします。

PDFプリントなら「FamilyMart(ファミマ)」がおすすめです。ファミマのPDFプリント用紙は、何故か光沢紙が使われているので、仕上がりがキレイなんですね。しかも、白黒プリントで1枚10円ですよ!

ファミマのプリント用スマホアプリはこちら↓

PrintSmash

PrintSmash
開発元:Sharp Corporation
無料
posted withアプリーチ

プリントした紙をパネルに貼る

キャプションボード」を立体的に見せるには、パネルボードを使用します。

今回使用したのはこちらの「ハレパネ」です。片面がシール状になっているパネルですね。

created by Rinker
プラチナ万年筆
¥1,076 (2019/10/19 14:28:50時点 Amazon調べ-詳細)

厚さはいろいろあるんですが、3mmが切りやすいので良いと思います。

貼り方としては、上部の一部を剥がしておいて、その部分だけ貼った上で全体を貼っていきます。
※貼り方は商品にも記載されています。

カッターで切っていきます

そして、定規を使いデザインの枠に沿ってカッターで切っていきます。

カッターは、ある程度よく切れるものが良いですね。

created by Rinker
オルファ
¥418 (2019/10/19 14:28:51時点 Amazon調べ-詳細)

傷がつかないように、カッターマットもそろえておきましょう。

created by Rinker
PLUS(プラス)
¥230 (2019/10/19 14:28:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
コクヨ(Kokuyo)
¥517 (2019/10/19 16:56:37時点 Amazon調べ-詳細)

切るのには、ちょっとしたコツがあります。一回で切ろうとせずに、何回かに分けて切っていく感じです。
優しくカッターの刃を滑らす感じで、数回刃を入れていくとキレイに切れます。

こんな感じで仕上がりました。

まとめ

作品に添える「キャプションボード」の作成方法を書いてきました。作品を際立たせるためにも、キャプションは重要だと思います。
今回ご紹介したように、手作りで作成できるので、参考にしてみてくださいね。

では、今回はこの辺で。

コメント