【Konica C35 EF D】+【Kodak Portra 400】で尾道を撮影しました!

フィルム

こんにちは!ギダッチ(@oddordinary)です。

今回、コンパクトフィルムカメラ【Konica C35 EF D】と35mmフィルム【Kodak Portra 400】を使って、早朝の尾道を撮影してきました。

Konica C35 EF D】は安価で購入できるのに、描写もピカイチでした。【Kodak Portra 400】との組み合わせもバッチリでしたね。



スポンサーリンク


【Konica C35 EF D】とは

Konica C35 EF D】とは、1978年に発売されたコンパクトフィルムカメラです。”ピッカリコニカ”という愛称で親しまれ、一家に一台という感じの普及機だったようです。

現在は、中古で購入できるんですが、安価で購入できます。自分は、メルカリで1,500円で購入しました。

コンパクトフィルムカメラ『Konica C35 EF D』の使い方と作例
どーも、ギダッチです。 先日、某フリマサイトでフィルムカメラを購入しました。 「Konica C35 EF D」...

スポンサーリンク

【Kodak Portra 400】とは

Kodak Portra 400】とは、アメリカのフィルムメーカーである「Kodak(コダック)」が発売する写真フィルムです。
その名の通り、ポートレートに最適な色合いを演出してくれるフィルムなんですが、スナップでも威力を発揮してくれます。

基本的には、2本セットや5本セットで販売されています。
1本あたりの料金は、だいたい1,200円~1,300円です。

【Konica C35 EF D】+【Kodak Portra 400】で尾道を撮影しました!

ここからは、【Konica C35 EF D】+【Kodak Portra 400】で撮影した写真を見ていただきたいと思います。

尾道の複合施設「U2」で撮影。

猫が出迎えてくれます。

尾道の定番風景、尾道水道。あちら側には、四国が見えます。

逆光にも強い気がします。

山側の癒しスポット「LOG」で撮影。光が良い感じに入ってくるのでおすすめ。

いつも眠っているもふもふ猫です。木漏れ日が良い感じ。

尾道の猫はみんな仲良し。

やっぱり逆光時の雰囲気が好きだな~。

このカメラ、ほんとなかなか良いですよ!

ゲストハウス「みはらし亭」のカフェ。

こちらも尾道の定番風景、天寧寺三重塔を入れての街並み。

光と影。

撮影した感想

コンパクトフィルムカメラ【Konica C35 EF D】の描写ですが、値段にそぐわぬ(良い意味で)クオリティーで、繊細で奥行き感のある写りをしてくれました。
旅行や、ちょっとしたスナップに最適なカメラですね。

35mmフィルム【Kodak Portra 400】は、自然で柔らかい色合いのフィルムで、非常に使いやすいです。ふんわり写真を撮りたいならチョイスして間違いないでしょう。

動画でもご紹介しています↓

コメント