オールドレンズ「Helios 58mm F2」をCanonの一眼で使う方法

オールドレンズ

どーも、ギダッチです。

ぐるぐるボケ】で人気があるオールドレンズ「Helios 44-2 58mm F2」をご存知でしょうか?

昨今、オールドレンズの人気が高まっていますが、今回ご紹介する「Helios 44-2 58mm F2」も人気のレンズのひとつです。

今回、この「Helios 44-2 58mm F2」をCanonの一眼レフカメラで使用してみました。



スポンサーリンク


オールドレンズ「Helios 44-2 58mm F2」とは?

ロシア生まれのレンズ『Helios 44-2 58mm F2』は、オールドレンズの人気レンズで、中古にて売買されています。

安価なのに、写りが良く、独特な描写を楽しめます。

なかでも【ぐるぐるボケ】というボケ味が特徴のレンズで、このボケ欲しさに購入する人がたくさんいるんですね。

製造国 ロシア
焦点距離 58mm
最小絞り F2
マウント M42スクリューマウント
created by Rinker
Helios
¥11,690 (2019/04/24 22:24:10時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

Helios 44-2をCanonの一眼レフに取り付けよう

Helios 44-2」をデジタルカメラで使うには、「マウントアダプター」というものが必要になります。

こちらは、「Canon EOS」マウントに取り付けるためのマウントアダプターです⇓

今回は、「Canon EOS Kiss7i」に装着してみます。

こちらが、マウントアダプターです。

このマウントアダプターを、まずはレンズに付けていきます。

出っ張り面が外側にくるように、レンズ後ろのスクリュー部分に合わせ、右側に回して取り付けます。

こんな感じですね。

そして、このままカメラのボディに取り付けていきます。

マウントアダプターの赤丸と、カメラマウントの赤丸を合わせ、右にカチッと鳴るまで回します。

 

Helios 44-2の使い方

Helios 44-2 58mm F2」の使い方ですが、少し変わっています。

ピントの調整

0.6」や「0.7」といった数字が黄色い文字で書かれているところが、ピントリングです。

ここを回して、手動でピントを合わせます。

絞りの調整

レンズ先端にある、「2」や「2.8」などと書かれているところが、絞りリングです。

ここは少し硬いのですが、回すことができます。

この絞りリングを、中央の赤い線に合わせて絞りを決めます。

そして、その下にある、簡単に回るリングがありますので、このリングに付いている赤丸の部分を、右いっぱいに回して「2」の部分に来るようにします。

ここまでやってから、シャッターを切ってください。

Helios 44-2 58mm F2の作例

Helios 44-2 58mm F2」の作例をお届けします。

これが噂の「ぐるぐるボケ」です。

幻想的です。

ピント部のシャープさも良い感じですね。

あえてピントはずして、玉ボケを作りました。

ちょっとストーリーっぽく。

ゴツゴツの手で申し訳ないです・・・。

 

ちなみに、この写真たちはLightroomプリセットの【VSCO Film】で編集しています。

【Lightroomプリセット】VSCO film 06を購入しました!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ぐるぐるボケ】が特徴的なロシア製のオールドレンズ、『Helios 44-2 58mm F2』をご紹介してきました。

デジタルのレンズに物足りなくなったら、試してみてはいかがでしょうか?

では、今回はこの辺で。

created by Rinker
Helios
¥11,690 (2019/04/24 22:24:10時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもおすすめ⇓

M42レンズに合う、各カメラのマウントアダプターまとめ

 

コメント