フィルムカメラに特化した海外YouTubeチャンネル8選

「フィルムカメラに特化した海外YouTubeチャンネル8選」のアイキャッチ画像

 

こんにちは!ギダッチ(@oddordinary)です。

 

最近YouTubeを始めて、参考にいろいろなYouTubeチャンネルを見ています。とくに海外のフィルムカメラを中心に発信しているチャンネルを好んで見ています。

 

そこで今回は、『フィルムカメラに特化した海外YouTubeチャンネル』を8チャンネルご紹介していきたいと思います。

写真の勉強にもなるので、おすすめですよ!

では、いってみましょう!

Negative Feedback

 

イギリス在住の、ジョージ・マンシーが運営する『Negative Feedback』です。

このチャンネルは非常に人気があり、早い時期からYouTubeでフィルムカメラのことを発信してきた先駆者的なチャンネルです。

Negative Feedbackのチャンネル

僕も非常に参考にさせてもらっているんですが、まず、センスがいいんですよね。

カメラ系での、新しい動画パターンを確立したといっても過言ではありません。

しっかりとブランディングされていて、統一性があります。かといって型にははまらず、フランクな印象も好感が持てます。

スポンサーリンク

Matt Day

 

アメリカのオハイオ州在住の『Matt Day』です。5年前からYouTube発信をしている先駆者的な存在。

気さくな兄ちゃん、という感じのいでたちで、親しみを持って見る事が出来るYouTubeチャンネルです。

Matt Dayのチャンネル

様々なフィルムカメラのレビューをしていて、写真との深い関わりが伝わってくるんですよね。

 

写真の被写体は、奥さんや、かわいい子供たちの写真が多いです。

ウェディング写真を仕事で撮影しているようで、ホームページでは、そんな写真も見ることが出来ます。

http://www.mattdayphoto.com/

Willem Verbeeck

 

アメリカのフォトグラファーのチャンネル『Willem Verbeeck』。

主に中判フィルムカメラを使い撮影しているプロのフォトグラファーです。ポートレートの写真が本当に素晴らしくて、実力も確かなものだと伝わってきます。

 

Willem Verbeeckのチャンネル

遊び心もある動画が多いので、楽しんで見ることが出来ますよ。

チャンネル登録数は、21万人以上

 

King Jvpes

 

アメリカを拠点に活動するチャンネル『King Jvpes』。

ストリートフォトグラフィーを軸にした写真スタイルが特徴のフォトグラファーによるチャンネルです。

King Jvpesのチャンネル

テンションが高く、エンターテインメントをしっかりと意識しているんだと思います。

 

grainydays

 

アメリカ・ロサンジェルスのフォトグラファーによるYouTubeチャンネル『grainydays』。

独特でブラックユーモアを交えた動画が特徴ですが、フィルムの知識量は豊富で、中判や大判カメラもレビューしています。

grainydaysのチャンネル

投稿頻度は低いですが、クオリティーで勝負していますね。

 

 

Radical Eye Magazine

 

イギリを拠点に発信するチャンネル『Radical Eye Magazine』。

中判フィルムカメラを使ったポートレート撮影が主な発信内容で、美しい写真を見ることが出来ます。

Radical Eye Magazineのチャンネル

写真の勉強としてもおすすめ!

 

Kyle McDougall

 

アメリカを拠点に発信するフォトグラファーのチャンネル『Kyle McDougall』。

中判フィルムカメラをメインとして、アメリカの風景を撮影するフォトグラファーですね。

Kyle McDougallのチャンネル

フィルム写真の編集の仕方などや、カメラレビューなどを丁寧に発信している正統派な印象。

 

Madison Beach

 

イギリス在住のフォトグラファーによるチャンネル『Madison Beach』。

フィルムが大好き!という雰囲気が伝わってくるチャンネルですね。

Madison Beachのチャンネル

BadがほぼつかないYouTuberで、愛されるキャラです。

まとめ

以上、『フィルムカメラに特化した海外YouTubeチャンネル』を8チャンネルご紹介してきました。

是非、見てみてください!

今はYouTubeで、国境もなく学べる素晴らしい時代ですね。

では。