【DaVinci Resolveの使い方】LUTの読み込み方法

「【DaVinci Resolveの使い方】LUTの読み込み方法」のアイキャッチ画像

 

ギダッチギダッチ
どーも、広島県の映像クリエイター、ギダッチです。フリーランスで映像を仕事にして生きています。

 

今回は、DaVinci ResolveでLUTを読み込んで適用する方法を解説していきます。

非常に簡単なので、すぐ出来ますよ!

 

【DaVinci Resolve】でLUTを読み込む方法

まずは、右下の歯車アイコンをクリックしてプロジェクト設定を開きます。

 

カラーマネージメント欄にある「LUT」の『LUTフォルダーを開く』をクリックします。

 

LUTが入っているフォルダーが開くので、ここにダウンロードしたLUTフォルダーをドラッグして入れます。

DaVinci Resolveを再起動すれば、LUTに追加されます。

 

 

スポンサーリンク

【DaVinci Resolve】でLUTを適用する方法

上部のツールバーにある「LUT」をクリックして、LUT一覧を表示させます。

 

LUTフォルダーの中にLUTファイルがあります。

LUTファイルは、上の画像のようなアイコンで表示されます。

 

それぞれのLUTファイルにカーソルを当てると、LUTを当てた状態でプレビューできます。

 

当てたいノードを選択し、LUTファイルをダブルクリックするとLUTを適用できます。

 

期間限定でオリジナルLUTを無料配布します!

 

The following two tabs change content below.
広島県東部を拠点に活動するビデオグラファー。 このブログでは、カメラ・写真・映像に関することを発信していきます。