【BMPCC 6K Pro】を買うべきか真剣に検証してみました。

「【BMPCC 6K Pro】を買うべきか真剣に検証してみました。」のアイキャッチ画像

 

ギダッチギダッチ
どーも、広島県の映像クリエイター、ギダッチです。

 

今、非常に気になっているカメラ【BMPCC 6K Pro】ですが、現在【BMPCC 4K】を持っているビデオグラファーの目線で、【BMPCC 6K Pro】を買うべきか真剣に検証してみました。

 

【BMPCC 6K Pro】とは


出典:Blackmagic Design

 

 

BMPCC 6K Pro】は2021年に発売された、Blackmagic Design(ブラックマジック・デザイン)社のシネマカメラです。

 

BMPCC 6K】の機能を引き継ぎつつも、新たな革新的な機能を追加した新機種になっています。

特徴を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

【BMPCC 6K Pro】の特徴

 

BMPCC 6K Pro】のスペックです。

センサーサイズ スーパー35
レンズマウント EFマウント
撮影解像度 50fpsまでの6144 x 3456 (6K)、
60fpsまでの6144 x 2560 (6K 2.4:1)、
60fpsまでの5744 x 3024 (5.7K 17:9)、
60fpsまでの4096 x 2160 (4K DCI)、
60fpsまでの3840 x 2160 (Ultra HD)、
60fpsまでの3728 x 3104 (3.7K 6:5 アナモルフィック)、
120fpsまでの2868 x 1512 (2.8K 17:9)、
120fpsまでの1920 x 1080 (HD)
フレームレート 23.98、24、25、29.97、30、50、59.94、60fps

6K 2.4:1で60fpsまで、2.8K 17:9および1080HDで120fpsまで

モニター チルト式

明るさ=1500nit

収録メディア CFastカードスロット x1
SD UHS-IIカードスロット x1
USB-C 3.1 Gen 1拡張ポート x1(外付けメディアへのBlackmagic RAWおよびProRes収録用)
バッテリータイプ
NP-F570
本体重量 1238g

 

 

可変NDフィルター内蔵

 

動画撮影に必須となる『NDフィルター』ですが、BMPCC4K / 6Kなどでは、外部の可変NDフィルターを取り付けて撮影する必要がありました。

 

ですが、この【BMPCC 6K Pro】には2Stop、4Stop、6Stopまでの可変NDフィルターが内蔵されています。

これは、かなりポイントが高い点ですよね!

 

出典:Amazon

 

背面の『+-』ボタンで簡単にNDフィルターの濃度を変更可能。

 

 

チルト式モニター


出典:Amazon

 

BMPCC 4K】や【BMPCC 6K】のモニタースクリーンは、固定式でした。

ですが、【BMPCC 6K Pro】のモニターは、チルト式に変更されています。

 

ローアングルやハイアングルでの撮影にも外部モニターなしで対応できますね。

 

電池の持ち

 

BMPCCシリーズはバッテリーの持ちが悪いと言われていましたが、【BMPCC 6K Pro】ではバッテリーを『NP-F570』にし、バッテリーの持ちを改善しています。

補足説明

バッテリーの持ちの目安=約60分
(24fpsの6K RAWでCFast 2.0に収録、スクリーンの明るさ50%の状態)

描写

 

BMPCC 6K Pro】のセンサーサイズは、『Super 35』というフルサイズよりも少し小さめのセンサーになっています。

BMPCC 4K】はマイクロフォーサーズなので、センサーによる画角や描写に違いが出ますね。

 

補足説明

Super 35 = 24mm×14mm
マイクロフォーサーズ = 17.3mm×13.0mm

Super 35』のほうが、センサーサイズが大きいので、その分画質もクリアになります。

 

本体重量

 

BMPCC 6K Pro】の本体重量は、1238gとなっています。

BMPCC 4K】の695gと比べると約500gぐらい、【BMPCC 6K】の900gと比べても約300gぐらい違いますね。これは、バッテリー変更やNDフィルター内臓のためだと思いますが、けっこう違ってきますね。

 

なので、ジンバルに載せるときには注意が必要ですね。

 

EFマウント

BMPCC 6K】はEFマウントなので、僕が現在メインで使っているEFマウントの『SIGMA 18-35 F1.8』レンズがマウントアダプターなしで使うことができます。

しかし、スピードブースターを使わなくなると、F値や焦点距離の恩恵が失くなってしいます。

 

これは、致し方ないですね。

 

【BMPCC 6K Pro】にすると必要なくなるもの

 

BMPCC 4K /6K】から【BMPCC 6K Pro】にすると必要なくなるものを挙げていきましょう。

 

NDフィルター

BMPCC 6K Pro】には可変NDフィルターが内蔵されているので、NDフィルターは必要なくなりますね。

 

外部モニター

今ままでは、純正モニターが固定式なので、外部モニターが必要でしたが、【BMPCC 6K Pro】はチルト式のモニターなので、外部モニターは必要なくなりますね。

 

大容量バッテリー

BMPCC 4K /6K】は、バッテリーの持ちが悪かったですが、【BMPCC 6K Pro】から容量の大きいバッテリーに変更されたため、Vマウントのようなバッテリーを用意することが少なくなります。

ですが、長時間の撮影となると、【BMPCC 6K Pro】でも大容量のバッテリーが必要になることもあると思いますので、これは100%必要なくなるわけではないのかなと。

 

【BMPCC 6K Pro】の値段

 

BMPCC 6K Pro】の値段は、2021年時点Amazonで、30万円ぐらいとなっています。

 

補足説明

BMPCC 4K = 15万円前後
BMPCC 6K = 20万円前後

 

【BMPCC 4K】から乗り換えるべき?

 

というわけで、【BMPCC 4K】から【BMPCC 6K Pro】に乗り換えるべきなのか。

やはり、NDフィルターの悩みから解放されるというのが、僕の中では非常に大きいので、多少無理をしてでも【BMPCC 6K Pro】をメインカメラにして、【BMPCC 4K】をサブカメラとして使うのが良いかなと。

 

こんな結論に至りました。

The following two tabs change content below.
広島県東部を拠点に活動するビデオグラファー。 このブログでは、カメラ・写真・映像に関することを発信していきます。