動画に使える効果音(SE)サービス【Artlist】VS【Epidemic Sound】

「動画に使える効果音(SE)サービス【Artlist】VS【Epidemic Sound】」のアイキャッチ画像

 

ギダッチギダッチ
どーも、広島県の映像クリエイター、ギダッチです。

 

映像作品では、音楽(BGM)が大事なのはご存知の方も多いと思いますが、効果音(SE)も重要な要素です。

あまり気にしたことは少ないかもしれませんが、映画では効果音が随所に使用されているんですね。

 

そこで今回は、映像(動画)に使える効果音(SE)サービスである【Artlist】と【Epidemic Sound】を比較していきます。

 

注意事項

今回紹介するのは、YouTube系の効果音ではなく映像作品系に使える効果音サービスです。

 

SFXって何なの?

効果音は通常、英語ではSound Effectと呼ばれますよね。

ですが、著作権フリーの効果音サービスのほとんどは海外のサービスなのですが、そのサイト内では『SFX』と呼ばれていたりします。

 

SFXとは映画などで用いられる『特殊効果』のことで、これが映像で使う効果音の名称になっているようです。

 

スポンサーリンク

Artlist(アートリスト)

出典:Artlist

 

Artlist』は、イスラエルに本社を構える、映像用音楽サービスです。

映像制作をやっている方なら、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

【Artlist】2ヶ月分無料追加で登録

 

著作権を気にすることなく、サイトで提供されている音楽をダウンロードして映像作品で使用可能になっています。

このArtlist、音楽だけではなく効果音サービスもプランとして展開しています。

 

こちらの動画は、Artlistの効果音を使用して制作されています↓

 

効果音が含まれるプランは以下のプランです。

料金プラン

Artlist』の料金体系は、年間プランの一括払いPersonalプランは除く)になっています。

プランは3種類用意されています。

注意事項

2022年より、プランがリニューアルされました。

 

プラン① Personal

音楽とSFX(効果音)がセットでダウンロードし放題のプランです。

このプランでは、YouTubeとSNSでの利用に限られています。

 

このプランに限っては、月払いにも対応(割高)しているので、とりあえず資金がない方にも優しいですね。

プラン料金 年払い=月々10ドル
月払い=月々15ドル
使用できる媒体 ・YouTube
・Instagram
・Twitter
・Twitch
・Facebook
・Podcast
・TikTok

 

プラン② Unlimited

このプランでは、

・音楽+効果音

・音楽のみ

の2種類が選択できます。

 

このプランは、クライアントワークや自社で映像を作っている方向けのプランです。

 

このプランは、年払いのみの支払いになっています。

プラン料金(年払い) 音楽のみ=月々16.6ドル
(年額約200ドル)

音楽+効果音=月々25ドル
(年額約299ドル)

使用できる媒体 ・あらゆるSNS
・YouTube
・クライアントワーク
・広告
・コマーシャル
・Podcast
・Webサイト&オンラインプラットフォーム
・Broadcast&TV
etc…

 

プラン③ Enterprise

上記2つのプランに該当しない方は、こちらのプランになります。

例えば、チームで利用したい場合などは、Contactから問い合わせが必要です。

 

効果音の数とクオリティー

2021年現在、Artlistには24,000ほどの効果音がダウンロード可能になっています。

 

視聴は登録不要なので、こちらからサイトへGOしましょう!

通常12ヶ月契約が14ヶ月に延長に!

 

 

Epidemic Sound(エピデミック・サウンド)


出典:Epidemic Sound

 

Epidemic Soundは、国内国外問わずYouTuberで使用している人をよく見かけます。

それほど、有名な映像用音楽サービスであると言えます。

 

こちらの動画は、Epidemic Soundの効果音を使用して制作された映像になります↓

Epidemic Soundは、すべてのプランで効果音をダウンロードすることができます。

 

 

料金プラン

①パーソナルプラン

こちらのプランは、個人的に使用する目的のプランになっています。

年間144ドル(月換算12ドル)、もしくは月額15ドルで使用できます。

 

YouTubeやSNSで、著作権フリーで使用できるのが特徴ですが、1チャンネル1サブスクリプションというのが難点ですね。

例えばYouTubeとInstagram両方の格アカウントで使用したい場合、2つのサブスクリプション登録が必要なので倍料金がかかります。

 

②コマーシャルプラン

こちらのプランは、商業的に使用する目的のプランになっています。

年間299ドル(月換算25ドル)、もしくは月額45ドルで使用できます。

年額だと、Artlistの『音楽+効果音』プランと全く同じ料金になっていますね。

 

クライアントワークや、YouTubeなどのオンラインプラットフォームで使用でき収益化できます。

 

効果音の数とクオリティー

2021年現在、Epidemic Soundには90,000ほどの効果音がダウンロード可能になっています。

 

 

まとめ

というわけで、【Artlist】と【Epidemic Sound】を比較してきました。

Artlistのほうは基本商用利用は問題なく、Epidemic Soundのほうはコマーシャルプランで商用利用がOK。

 

効果音の数は、Epidemic Soundが圧倒的でした。

料金は、条件がほぼ同じで、同じ料金でしたね。

 

参考になりましたら幸いでございます。

 

The following two tabs change content below.
広島県東部を拠点に活動するビデオグラファー。 このブログでは、カメラ・写真・映像に関することを発信していきます。