【レビュー】リバーサルフィルム「AGFA CT PRECISA 100」

フィルム

どーも、ギダッチです。

今回、35mmリバーサルフィルムの「AGFA CT PRECISA 100」で写真を撮ってきましたので、レビューしていきたいと思います。

現在は販売されていないフィルムのようです。たまたま地元の写真屋さんで破格で販売されていましたので、迷わず購入したしだいです。

では、いってみましょう!



スポンサーリンク


リバーサルフィルム「AGFA CT PRECISA 100」とは

35mmリバーサルフィルム「AGFA CT PRECISA 100」とは、ドイツ・ベルギーの企業、Agfa(アグファ)が製造するフィルムです。
※現在は、フィルム製造から撤退

規格 35mm
枚数 36枚
ISO 100
現像処理 E-6

 

スポンサーリンク

リバーサルフィルム「AGFA CT PRECISA 100」の作例

AGFA CT PRECISA 100」の作例をお届けします。Lightroomで少し補正しています。

使用したカメラは、LOMO LC-A

現像してもらったのは、安定の「なら写真倶楽部」さんにて。

リバーサルフィルム リバーサル現像+CDデータ書き込み  FUJI FUJICHROME Kodak EKTACHROME ELITECHROME  リバーサル現像 135 120 220  1本から受付

created by Rinker
¥1,400 (2019/05/25 15:26:25時点 楽天市場調べ-詳細)

リバーサル現像では、いつもお世話になっている、ネット現像屋さんです。

リバーサルフィルム「AGFA CT PRECISA 100」を使ってみた感想

AGFA CT PRECISA 100」を使用してみた感想ですが、発色が独特で、赤と青が混ざったような色味で、空の色が紫っぽくなっている写真もありました。

繊細というよりは、派手さが際立つフィルムの印象でした。KodakやFUJIFILMのリバーサルフィルムとは、また一味違う感じですね。

もう製造されていないので、貴重な体験になりましたね。

最後に

35mmリバーサルフィルムの「AGFA CT PRECISA 100」のレビューをお届けしてきました。リバーサルフィルムは、フィルム代も現像代も高くついてしまいますが、ネガでは味わえない魅力があります。

このフィルムは、今後手に入れるのは難しいかもですが、もし手に入れば使ってみてくださいね。

では、今回はこの辺で。

Kodakが再販したフィルム『エクタクローム E100』を使ってみた
Kodakが再販したリバーサルフィルム『エクタクローム E100』を使って現像に出してみました。作例と現像所もご紹介します。
リバーサルフィルム『FUJIFILM Provia 100F』がとても良かった
35mmリバーサルフィルム『FUJIFILM Provia 100F』の写りが最高でした。落ち着いた描写で、まるで息をするような写真が撮れましたよ!

コメント