写真家におすすめのSDカードの選び方とは?

写真

どーも、ギダッチです。

デジカメに写真を記録するには、ほとんどの場合、SDカードが必要になります。
ですが、SDカードの種類はたくさんあり、どれを選んだらいいか迷いますよね。

そこで今回、SDカードの表示の見方や、どのSDカードを買えばいいのかを掘り下げていきたいと思います。



スポンサーリンク


SDカードの規格とは

SDカードの規格は主に3種類あります。

SDカードの規格

 SD
SDHC
SDXC

SD

容量:128MBから2GBまでの範囲の規格。

このSDカードは、SD,SDHC,SDXC対応の全てのデバイスで使用できます。

SDHC

容量:4GBから32GBまでの範囲

このSDHCカードは、SDのみ対応のデバイスでは使用できないので注意が必要です。

SDXC

容量:64GBから2TBまで

このSDXCカードは、SD、SDHCのみ対応のデバイスでは使用できないので注意が必要です。

 

記録容量によって、規格が異なるんですね。

スポンサーリンク

SDカードの転送速度とは

スピードクラス

SDカードのスピードクラスとは、読み書き時のデータ最低転送速度のクラスを表したものです。SDメモリーカードには「スピードクラス」と「UHS スピードクラス」の 2 種類があり、数字が大きくなるにつれて速度が速くなります。

写真撮影で大事なのが、「スピードクラス」です。

上の画像で左側の「3」と書かれた数字が「UHS スピードクラス」。
上の画像で左側の「10」と書かれた数字が「スピードクラス」。

スピードクラス」は、最高が「10」なので、「10」を選んでおきましょう。

最高転送速度

最高転送速度には、「書き込み速度」「読み取り速度」の2つがあります。
書き込み速度」とは、カメラの連写性能を表します。
読み取り速度」とは、データをパソコンに転送する際の性能を表します。

SDカードに表示されている、「○○MB」というのが、「読み取り速度」です。

これも、「90MB」は欲しいところですね。


出典:サンディスク

こちらは、信頼性のあるSDカードメーカーである「SanDisk(サンディスク)」の『Extreme Pro』という商品のパッケージです。各表示の見方が記されています。

SDカードの容量とは

SDカードでまず気にするのが、容量ではないでしょうか。

この画像の、「16GB」と書かれた数字がカード容量です。これも、ご利用の範囲に合わせて決める必要がありますね。

動画も写真も撮る、という方は、なるべく大きい容量にしておきましょう。

写真家におすすめのSDカード

SDカードは、いろんなメーカーが発売していますが、おすすめのSDカードをご紹介していきます。

コスパ重視

コスパが良いのが、「Transcend(トランセンド)」というメーカーです。
写真撮影なら、32GBあれば充分ですね。

created by Rinker
トランセンドジャパン
¥1,640 (2019/09/20 19:33:38時点 Amazon調べ-詳細)

動画撮影もする方には、64GBがおすすめ。

created by Rinker
トランセンドジャパン
¥3,000 (2019/09/20 19:54:26時点 Amazon調べ-詳細)

信頼重視

信頼のSDカードメーカーと言えば、「SanDisk(サンディスク)」です。
こちらも、用途に合わせて容量を選びましょう。

こちらは、プロ用ですね。めちゃくちゃ速そう!

まとめ

SDカードには、いろんな表示や数字があり、ややこしいですが、書き込み速度や読み込み速度の違いなんですね。自分が使う用途に合わせて、SDカードを選んでいきましょう。

では、今回はこの辺で。

コメント