「Retro Chrome 320」というフィルムは一体どんなフィルムなのか?

「「Retro Chrome 320」というフィルムは一体どんなフィルムなのか?」のアイキャッチ画像

どーも、広島県尾道市で活動中のフォトグラファー、ギダッチです。

海外のストアで販売されていた、珍しいフィルム「Retro Chrome 320」を購入して使ってみました。日本では買うことの出来ない、このフィルムは一体どんなフィルムなのでしょうか。

作例も含めてご紹介していきます。

35mmフィルム「Retro Chrome 320」とは

Retro Chrome 320」とは、アメリカ政府向けに作られた、10年間冷凍保存されていた期限切れの「Kodak エクタクローム」という35mmリバーサルフィルムを、パッケージングしたフィルムです。

こちらのリンクから購入できます。

35mm Chrome – Ektachrome (FPP RetroChrome 320 – 1 Roll – 24exp)

期限切れフィルム特有の、淡く色あせた色味が特徴です。

ISO 400
撮影枚数 24枚
現像 E-6

リバーサルフィルムなので、現像方法は「E-6」なんですが、あえて「C-41」現像でクロスプロセスしても面白いと思います。

こちらのストアでの購入方法は、こちらの記事をご覧ください。

海外ストアサイトで、珍しいフィルムを購入してみた!

スポンサーリンク

35mmフィルム「Retro Chrome 320」の作例

Retro Chrome 320」の作例をご紹介します。

使用カメラ:LOMO LC-A

created by Rinker
Lomo
¥16,800 (2020/10/01 05:15:12時点 Amazon調べ-詳細)

ファーストロールなんですが、なぜか感光してますね。でも、かなり良い感じ。

レトロな街並みが似合います。

粒子は期限切れらしく、ザラザラです。

色あせた感じがなんとも良いですね。

コダックらしい色合いは残ってますね。

目線に猫がいることってなかなかないですよね・・・。

 

まるでタイムスリップしたかのようです。

空が大きく白飛びしてますね。フィルムならこのぐらいが味になります。

35mmフィルム「Retro Chrome 320」の感想

Retro Chrome 320」を使用してみた感想ですが、名前からも分かるとおり、レトロさ溢れる色合いが特徴のフィルムでした。

期限切れフィルムなので、粒子は粗く、色も薄いのですが、それが味になっているんですよね。次はクロスプロセスという現像方法で現像してみたいですね。また違った味わいを楽しめそうです。

まとめ

以上、35mmフィルム「Retro Chrome 320」について書いてきました。もし感想などありましたら、コメントいただけると嬉しいです。

海外サイトですが、購入はこちらから↓

35mm Chrome – Ektachrome (FPP RetroChrome 320 – 1 Roll – 24exp)

 

こちらのストアでの購入方法は、こちらの記事をご覧ください。

海外ストアサイトで、珍しいフィルムを購入してみた!

The following two tabs change content below.
ギダッチ
広島県尾道市を拠点に活動するフォトグラファー。 このブログでは、カメラ・写真・映像に関することを発信していきます。