【ラクスル】でフィルム写真のポストカードを作成しました

写真グッズ

こんにちは!広島県尾道市を中心に活動するフォトグラファー、ギダッチです。

今回、写真展で販売する用に、ラクスルでポストカードを作成しました。もし、あなたが写真展を開催しようとしているなら、ポストカードを作って会場で販売してみませんか?

そこで今回は、ポストカードを作成して販売する手順を解説していきたいと思います。



スポンサーリンク


ポストカードのデザインを作ろう

一般的な写真ポストカードの写真面は、全体を写真で埋めるか、白フチにするかの、どちらかだと思います。
文字をちょこっと入れるのもありですね。

ぼくは今回は、フチ無しで作成しましたが、好みで決めましょう。

ポストカードの表面(写真が無いほう)は、作者名やタイトルをシンプルに入れたら良いと思います。

僕がデザインしたものはこちら↓

デザインは、Canvaというデザイン作成Webサービスがおすすめ。

Amazingly Simple Graphic Design Software – Canva
Create beautiful designs with your team. Use Canva's drag-and-drop feature and layouts to design, share and print business cards, logos, presentations and more.

ネットのポストカード作成サービスでポストカードを作る場合、入稿用にPDFファイルなどが必要です。Canvaなら、印刷用のPDFファイルでデータを保存できるので、大変便利なサービスです。

スポンサーリンク

「ラクスル」でポストカードを注文しよう

デザインが出来て、印刷業者に入稿するデータが出来たら、ポストカードを注文しましょう。

ポストカード作成なら、ネット印刷の「ラクスル」がおすすめです。

総合印刷通販のラクスル。チラシや冊子など種類も豊富です

ラクスルは、豊富な種類と、その安さで定評のある印刷サービスです。

用紙の種類を、数種類の中から選択できます。

用紙の厚さも2種類のなかから選択できます。

片面印刷」「両面印刷」や、「カラー」「モノクロ」を選択できます。

ポストカードが何種類かある場合は、「パターン数」のところで、パターン数を選択できます。

注文したい部数と、納期で料金が変わってきます。いずれかの料金を押して注文しましょう。

料金支払い後に、データ入稿となります。

そして、出来上がったポストカードがこちら。

ポストカードを透明袋に入れよう

販売する為に、ポストカードを保護するビニールに入れましょう。今回は、このハガキ用のビニール袋を購入しましたが、上部分が開いているタイプで、まさにポストカードといった感じに仕上がりました。
しかも、安い!

created by Rinker
シモジマ
¥118 (2019/09/20 21:44:28時点 Amazon調べ-詳細)

これだけでも、かなりサマになりますよね。

ポストカードの値段を決めよう

ポストカードを販売する為に、料金設定をしましょう。一般的には、150円の場合が多いようですが、
僕は200円にしました。

150円だと、現地で販売する場合、おつりを用意しないといけませんし、200円だとキリがいいかなっと思いましたので、200円にしました。

ネットでも販売しよう

今回、展示でポストカードを販売しましたが、かなり売れ残ってしまったので、ネットでも販売することにしました。

今は無料でネットショップが開設できる時代なので、個人でも気軽にネットで物が販売できます。
今回僕がネット販売するために選んだサービスがこちらの「minne」です。

簡単にネット販売が出来ちゃいます。

実際に作ったストアはこちら↓

GIDATCH'S GALLERYさんの作品一覧
gidatchさんの作品一覧、プロフィールなどをみることができます。ハンドメイドマーケット、手作り作品の通販・販売サイトとアプリ minne。アクセサリーやバッグ、雑貨など世界に1つだけのハンドメイド作品を販売している国内最大級のマーケットです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?「ラクスル」でフィルム写真のポストカードを作成して販売する手順を解説してきました。
お気に入りの写真で、是非ポストカードを作成して販売してくださいね。

では、今回はこの辺で。

今回作成したポストカードは、以下のリンクから購入できますので、良かったらよろしくお願いします。

尾道のポストカード購入

コメント