「LC-A」を再現?ロモグラフィー最高傑作レンズ『Lomogon』

レンズ

どーも、ギダッチです。

アナログな写真カルチャーを発信する、Lomography(ロモグラフィー)が新たに発売するレンズ「Lomogon 2.5/32」をご紹介します。

クラウドファンディングで支援を募っていましたが、なんと1,000万円以上の支援額になっています。(2019年3月28日で終了)

このレンズは、「LOMO LC-A」というフィルムカメラのレンズをもとに作られた、ロモグラフィー最高傑作とも言われるマニュアルレンズです。では、詳細を見ていきましょう。



スポンサーリンク


「Lomogon 2.5/32」とは


出典:Lomography Japan

このレンズは、伝説的なコンパクトフィルムカメラである「LOMO LC-A」のレンズをもとに再設計された、一眼レフ用のマニュアルレンズです。

LOMO LC-A」はこんなカメラです。

現在は、ロモグラフィーが「LOMO LC-A+」という名前で販売しています。


出典:Lomography Japan

カラーは、ゴールド、ブラックが用意されていて高級感のある外観になっています。

2019年12月に発売予定。

 

対応レンズマウント Canon EF、Nikon F、Pentax K
焦点距離 32mm
レンズ構成 6群6枚
最大絞り値  f/2.5
絞り ダイヤル式(f/2.5、f/4、f/5.6、f/8、f/11)
最小イメージサークル 44 mm
画角 68度
電子接点 なし
最短撮影距離 0.4 m
フォーカスメカニズム ヘリコイド
フィルタ径
62 mm

スポンサーリンク

「Lomogon 2.5/32」のいいところ

「Lomogon 2.5/32」のいいところを見ていきましょう。

32mmの焦点距離

焦点距離は32mmで、スナップには最適の距離感だと思います。風景にもいいですよね。
ただし、APS-Cセンサーで使う場合は、約50mmぐらいでしょうか。使用するカメラによっても違ってきますので注意が必要です。

絞りダイヤル


出典:Lomography Japan

この「Lomogon 2.5/32」の絞りダイヤルは独特でして、出っ張った黒色のダイヤルを回して調節します。外観的にもレトロな感触を味わえます。
絞り穴は円形なので、キレイな玉ボケを楽しめるとのこと。

「Lomogon 2.5/32」の写り

「LOMO LC-A」を元にしているだけあって、その写りは定評があります。
画像の周辺光量が落ちるビネット効果や、独特なボケが特徴です。

© 山本春花 (日本)

© Lomokev (イギリス)

出典:Lomography Japan

まとめ

ロモグラフィーが新たに発売する一眼カメラ用レンズ、「Lomogon 2.5/32」をご紹介してきました。
2019年12月に発売とのことで、発売が待ち遠しいですね。心して待ちたいと思います。

では、今回はこの辺で。

 

コメント