ロシア製フィルムカメラ「LOMO LC-A」の使い方と作例

フィルムカメラ

どーも、ギダッチです。

わたくしが好きなフィルムカメラのひとつに、「LOMO LC-A」というカメラがあります。
とてもコンパクトで、カルト的な人気を誇っている35mmフィルムカメラです。

今回は、その「LOMO LC-A」の使い方をご紹介していきます。

 



スポンサーリンク


「LOMO LC-A」とは

「LOMO LC-A」は、1983年にロシアで作られたフィルムカメラです。

F2.8に、焦点距離32mmのレンズが搭載されており、このレンズは周辺減光落ちが特徴的なレンズで、このレンズでの写りが、のちにカルト的な人気を得る事になります。

手のひらサイズのコンパクトさも相まって、スナップに最適のシンプルなフィルムカメラです。

サイズ 107×68×43.5mm
重量 250g
使用フィルム 35mmフィルム
焦点距離 32mm
シャッタースピード オート
絞り オート,f2.8~16
フォーカスレンジ 0.8m,1.5m,3m,無限遠
ISO感度 25,50,100,200,400
電池 SR-44 3個、またはLR-44 3個

スポンサーリンク

「LOMO LC-A」の使い方

「LOMO LC-A」の使い方をご紹介していきます。

各部説明

上部には、シャッター、巻き戻しクランク、フィルムカウンターがあります。

背面には、ファインダー、巻き上げレバーがあります。

底面には、レンズカバー開け閉めレバー、電池室、巻き取りボタン、三脚穴があります。

前面右上に、ISO感度設定ダイヤルがあります。

側面左側には、ピント設定レバーがあります。このカメラのピント設定は、目測で行います。

0.8m
1.5m
3m
遠景

この4つから、だいたいの目測感覚で選択し、ピントを合わせます。

側面右側には、絞り設定レバーがあります。ここは一番下の「A」にしておきましょう。
絞りをマニュアルで決めれるんですが、シャッタースピードが全て「1/60」に固定されるらしいです。

なので「A」にしておけば問題ないです。

フィルムを入れよう

では、フィルムを入れていきましょう。

巻き戻しクランクを上に持ち上げて裏蓋を開けます。

フィルムを、ベロが右側に来るようにいれます。

この「LOMO LC-A」は、フィルムの装填が一工夫必要です。個体差もあるのかもしれませんが、わたくしが使っているものは、なかなかフィルムがスプール(フィルムを巻き込むところ)にかみ合ってくれないんですよね。

そこで、ネットで紹介されていた手法なんですが、フィルムのベロ先端のパーフォレーション穴の1つ目か2つ目の間で折ります。

それから、その折り目をスプールの隙間に挟むようにして入れます。この際注意して欲しいのが、スプールの爪にしっかりとフィルムの穴がかみ合うようにしてください。

巻き上げレバーを回して、フィルムがピンと張るように巻き上げてシャッターを押します。
そのあと、裏蓋を閉めます。

フィルムカウンターが「1」に来るまで、巻き上げてシャッターを押します。

巻き上げるときに注意してほしいのが、巻き取りクランクがしっかり回っている事を確認してください。
これが回ってない場合、正常にフィルムが送られていないので、現像しても何も写っていない!という可能性が出てきます。

「LOMO LC-A」の作例

「LOMO LC-A」の作例をご紹介します。

これはもはや、トイカメラとは言えない写りですよね。とくにISO100のフィルムを入れたときのシャープ感は、ビックリします。

現在は「LOMO LC-A+」という名称で販売中

わたくしが使っているのは、ロシア製の初代「LOMO LC-A」なんですが、現在はLomographyという会社が「LOMO LC-A+」という改良版を販売しています。

created by Rinker
Lomography (ロモグラフィー)
¥47,393 (2019/09/20 07:53:18時点 Amazon調べ-詳細)

余裕があれば、こちらの新品を買うのが安心ですね。

最後に

いかがでしたか?ロシア製フィルムカメラ「LOMO LC-A」の使い方と作例をご紹介してきました。
コンパクトで、独特なアートな描写が特徴のカメラです。

フィルムカメラを楽しんでいきましょう!

では、今回はこの辺で。

コメント