【動画撮影の知識】ジンバルのモードとカメラワークついて

「【動画撮影の知識】ジンバルのモードとカメラワークついて」のアイキャッチ画像

 

ギダッチギダッチ
どーも、広島県の映像クリエイター、ギダッチです。

 

滑らかで柔軟性のある動画を撮影するための、ジンバルという機材があります。

とても便利な機材ですが、今回は『ジンバルのモードとカメラワークついて』ご紹介していきます。

 

今回使用したジンバルは、『Zhiyun Crane 2S』というジンバルになります。

 

では、いってみましょう!

ジンバルのモード種類

それでは、ジンバルのモードの種類を解説していきます。

ジンバルの機種によっても変わってきますので、ご了承ください。

 

今回紹介する以外にも、機種によりいろんなモードがありますが、今回は主要なモードをご紹介しています。

 

ジンバルモード① PF(パン・フォロー)モード

PF(パン・フォロー)モード』は、どんなジンバルにも備わっているモードで、横軸(パン)をフォローするモードです。

一番基本的なモードになります。

ジンバルモード② L(ロック)モード

L(ロック)モード』は、カメラの向きを固定して撮影できるモードです。

ブレが少なくなるのと、一定方向を向いて撮影するときに重宝するモードです。

ジンバルモード③ F(フォロー)モード

F(フォロー)モード』は、横軸(パン)と縦軸(チルト)がハンドル方向にフォローするモードです。

補足説明

DJIのジンバルだと、「PTFモード」とも呼ばれます。

 

ジンバルモード④ POV(またはFPV)モード

POV(またはFPV)モード』は、ジンバルを傾けた全方向をフォローするモードです。

トリッキーな撮影の時に使います。

 

スポンサーリンク

ジンバルのカメラワーク

ジンバルを使用したカメラワークをご紹介します。

Follow(フォロー)ショット

フォローショット』は、歩いている人などを追従し撮影する方法です。

Traking Shot」とも呼ばれます。

前方から撮影するのと、後方から撮影する方法があります。

 

Trucking(トラッキング)ショット

トラッキングショット』は、フォローショットに似ているのですが、こちらは横位置から歩いている人(走っている)などを追従する方法になります。

 

サークルショット

サークルショット』は、被写体の周りを旋回して撮影する方法です。

これは難易度が高く、ある程度の練習が必要になります。

まとめ

以上、『ジンバルのモードとカメラワークついて』お伝えしました。

ジンバルを極めて、動画撮影を楽しみましょう!

 

では、また。

The following two tabs change content below.
広島県東部を拠点に活動するビデオグラファー。 このブログでは、カメラ・写真・映像に関することを発信していきます。