【レンズレビュー】FUJIFILMの単焦点「XF35mm F2 R WR」

レンズ

どーも、ギダッチです。

わたくしは、デジタルカメラに、FUJIFILMのミラーレス一眼カメラ『X-T1』を使っています。
レンズは、単焦点レンズ「XF35mm F2 R WR」です。

FUJIFILMの単焦点35mmレンズは、「XF35mm F1.4 R」と、この「XF35mm F2 R WR」の2種類あるのですが、今回は両者の違いと「XF35mm F2 R WR」のレビューを書いていきます。



スポンサーリンク


「FUJINON XF35mm F1.4 R」

まずは、35mmレンズのF1.4のレンズ「XF35mmF1.4 R」を見ていきましょう。

created by Rinker
富士フイルム
¥61,000 (2019/09/20 18:03:37時点 Amazon調べ-詳細)

フルサイズ換算で53mm相当の標準レンズで、F値は開放F1.4と明るいですね。スナップでもポートレートでも威力を発揮する大人気レンズなんですね。

 

焦点距離 35mm(35mm判換算:53mm相当)
レンズ構成 6群8枚(非球面レンズ1枚)
最大口径比(開放絞り) F1.4
撮影距離範囲 標準0.8m~∞
マクロ28cm~2.0m
最大撮影倍率  0.17倍
質量(約)
※レンズキャップ・フード含まず
187g
フィルターサイズ ø52mm

 

View this post on Instagram

 

Alex Setiawanさん(@alexetiawan_)がシェアした投稿

スポンサーリンク

「FUJINON XF35mm F2 R WR」

created by Rinker
富士フイルム
¥41,900 (2019/09/21 05:44:14時点 Amazon調べ-詳細)

こちらもフルサイズ換算で53mm相当の標準レンズで、F値は開放F2と「XF35mmF1.4 R」に比べて暗めですね。シャープな描写で、ボケもキレイな万能なレンズです。

焦点距離 35mm(35mm判換算:53mm相当)
レンズ構成 6群9枚 (非球面レンズ2枚)
最大口径比(開放絞り) F2
撮影距離範囲 35cm~∞
最大撮影倍率 0.135倍
質量(約)
※レンズキャップ・フード含まず
170g
フィルターサイズ ø43mm

「XF35mm F2 R WR」のいいところ

 軽量でコンパクト
 防塵防滴仕様
 リーズナブル
 AFが速い

軽量でコンパクト

FUJIFILMのミラーレスカメラ自体が軽いのですが、この「XF35mm F2 R WR」も、めちゃくちゃ軽くて小さいんですよね。スナップにはもってこいのレンズです。

ピントリングも軽すぎず、重すぎずでちょうどいい感触です。

防塵防滴仕様

防塵防滴仕様なので、雨の日でも安心できますね。「X-T1」も防塵防滴仕様なので、これが活きてくるんですね。

リーズナブル

新品でもAmazonで35,000円代と、リーズナブルなお値段になっています。しかも写りは申し分ないので、コスパ最強のレンズですね。

AFが速い

AFの速さもいろんな方が言及していますが、たしかに速いですね。全くストレス無くピントを合わせてくれます。

「XF35mm F2 R WR」のイマイチなところ

 シャープすぎる
 あまり寄れない
 RAWデータで湾曲する

シャープすぎる

このレンズ、とてもシャープな写りなんですね。柔らかい表現が欲しい方は、「XF35mmF1.4 R」がいいかもしれません。

あまり寄れない

最短撮影距離が「XF35mmF1.4 R」では28cm~なのに対し、「XF35mm F2 R WR」では、35cm~になっています。この差はけっこう大きいと思います。

RAWデータで湾曲する

RAWで撮影すると、湾曲すると多方面で言われていましたが、ファームウェア1.01である程度は改善された模様です。まあFUJIFILMは、Jpegで撮るのがいいのでしょうかね・・・。

「FUJINON XF35mm F2 R WR」の作例

XF35mm F2 R WR」で撮影した作例をお届けします。すべてJpegデータで、フィルムシミュレーションは「Provia」です。

ピント面は、めちゃくちゃシャープ。

立体感もあるんですよね~。

シャープですね~。

ボケも違和感無く、良い感じです。

「FUJINON XF35mm F2 R WR」のまとめ

シャープでボケも申し分ないFUJIFILMの単焦点レンズ「XF35mm F2 R WR」をご紹介してきました。
コスパ最強で、スナップに最適なレンズではないでしょうか。

初めて単焦点に挑戦したいと言う方にも、おすすめ出来るレンズです。

では、今回はこの辺で。

 

created by Rinker
富士フイルム
¥41,900 (2019/09/21 05:44:14時点 Amazon調べ-詳細)

コメント