FUJIFILM X-T1の各フィルムシミュレーションをご紹介!

カメラ

こんにちは、ギダッチです。

わたくしは、デジタルカメラに『FUJIFILM X-T1』を使用しております。

FUJIFILMのXシリーズのカメラには、フィルムシミュレーションという色味を変更して撮影できる機能があります。

このフィルムシミュレーションが、FUJIFILMの色を決定付ける要素になっていて、カメラを購入する1つの理由にもなるくらいの機能です。

そこで今回は、フィルムシミュレーションの各プリセットをご紹介していきたいと思います。



スポンサーリンク


FUJIFILMのフィルムシミュレーションとは

FUJIFILM Xシリーズのデジタルカメラに搭載された、フィルムを選択するように色調や階調をコントロールする機能です。

撮影するときに設定します。

X-T1』で使用できるフィルムシミュレーションは、全11種類ありますね。

X-T2X-T20では「ACROS」が、X-T3X-H1では「ETERNA」が追加されています。

スポンサーリンク

各フィルムシミュレーション

ここからは、「FUJIFILM X-T1」で使用できる、各フィルムシミュレーションをご紹介していきます。

どういった違いがあるのかを見ていきましょう。

Provia

こちらの【Provia】は、FUJIFILMが販売するリバーサルフィルムのシミュレーションです。

スッキリとした印象の色合いですね。

標準的な発色と階調で、人物・風景など幅広い被写体に適します。

Velvia

こちらの【Velvia】は、FUJIFILMが販売するリバーサルフィルムのシミュレーションです。

彩度が強めで鮮やかな色合いですね。

高彩度な発色とメリハリある階調表現で風景・自然写真に最適です。

ASTIA

こちらの【Astia】は、FUJIFILMが販売していたリバーサルフィルムのシミュレーションです。(すでに販売終了)

彩度が抑え目で落ち着いた色合いですね。

落ち着いた発色とソフトな階調でしっとりとした表現に適します。

【クラッシッククローム】

こちらの【クラシッククローム】は、実際に販売されているフィルムではないのですが、レトロな雰囲気でストーリーを感じさせる色味が特徴です。

発色を抑え、暗部のコントラストを高めることで落ち着いた表現に適します。

PRO Neg.Hi

こちらの【Pro Neg.Hi】は、カラーネガフィルム「NS160」をシミュレーションしたモードです。

人肌の階調が素晴らしくメリハリの効いた写りです。

コントラストを高めた、ややメリハリのあるポートレートに適します。

PRO Neg.Std

こちらの【Pro Neg.Hi】は、カラーネガフィルム「NS160」をシミュレーションしたモードです。

Pro Neg.Hi」より、柔らかい写りの印象です。

やわらかな階調で、肌色の質感を再現したいポートレート撮影に適します。

【モノクロ】

こちらの【モノクロ】は、白黒フィルムのシミュレーションモードです。

モノトーンの表現を活かした印象的な仕上がりの撮影に適しています。

【モノクロ+Yeフィルター】

こちらの【モノクロ+Yeフィルター】は、実際にあるモノクロ用のイエローフィルターを付けた状態をシミュレーションしたモードです。

被写体のコントラストをやや強調した表現に適しています。青空が少し濃くなります。

【モノクロ+Rフィルター】

こちらの【モノクロ+Rフィルター】は、実際にあるモノクロ用のレッドフィルターを付けた状態をシミュレーションしたモードです。

被写体のコントラストを強調した表現に適しています。青空が濃くなります。

【モノクロ+Gフィルター】

こちらの【モノクロ+Gフィルター】は、実際にあるモノクロ用のグリーンフィルターを付けた状態をシミュレーションしたモードです。

唇や肌などの調子が出る階調表現で、ポートレートに適しています。

【セピア】

こちらの【セピア】は、セピア風のトーンを作り出すシミュレーションモードです。

ウォーム調の色合いであたたかみのある雰囲気の表現に適しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

FUJIFILM X-T1」で使用できる、各フィルムシミュレーションをご紹介しました。

富士フイルムのフィルムのノウハウが注がれた「FUJIFILMの色」を作り出す、フィルムシミュレーション。

撮って出しでも雰囲気ある仕上がりになりますよ。

では、今回はこの辺で。

 

created by Rinker
富士フイルム
¥92,800 (2019/08/18 14:01:32時点 Amazon調べ-詳細)

コメント