動画撮影における『ビット深度』って何なの?

「動画撮影における『ビット深度』って何なの?」のアイキャッチ画像

 

ギダッチギダッチ
どーも、広島県の映像クリエイター、ギダッチです。

 

さて、今日学んでいくのは、動画撮影における『ビット深度』について解説していきます。

しっかり学んで動画を楽しんでいきましょう!

 

動画における『Bit数』と『ビットレート』について

動画では、編集時に設定できる『ビットレート』がありますが、これは

ビットレート=1秒間におけるデータ量

 

という意味があり、音声も含めた動画全体のデータ量を指します。

今回ご紹介するのは、これとは違う、動画撮影における『ビット深度』についてご説明します。

 

スポンサーリンク

『Bit数』で何が違ってくるのか

動画を収録する際の『Bit数(ビット深度)』は、『1ピクセルに対するデータ量』のことです。

数値が高いほど色情報が多くなります。

 

・8bit
・10bit
・12bit

 

主にこのような数値で表示されます。

この世に存在する色は「光の三原色」と呼ばれる【R(赤)G(緑)B(青)】で表現されます。

 

この三原色それぞれの情報量を、Bit数で表しています。

 

 

カメラによって収録できる『Bit数』が違う

 

この『Bit数(ビット深度)』は、カメラによっても設定できる値が変わってきます。

例えば、【SONY α7Ⅲ】は『8Bit』までしか設定できませんが、【SONY α7sⅢ】では、『10Bit』まで設定できます。

 

Blackmagic Designなどのシネマカメラだと、『12Bit(RAW)』で撮影できたりします。

 

 

『クロマ・サブサンプリング』について

『Bit数』に付随して表示されている【クロマ・サブサンプリング】にも触れておこうと思います。

これは、Bit数と並列して表示されている『4:2:2』などの数値です。

 

動画は、収録するときに『Y/Cb/Cr』という規格でエンコードされます。

Y =輝度

Cb =青の色差

Cr =赤の色差

 

このような情報が分けられています。

補足説明

人間の目は、輝度の違いに敏感で、色味の違いには気づいにくいという特性があるみたいで、その特性を利用して、色味の部分を圧縮して収録するという方式になっています。

ミラーレスなどのカメラで設定できるのは、

 

4:2:2

4:2:0

このようになっていますね。

 

では、この2つにはどんな違いがあるのでしょうか?

実は、視覚的にはほとんど違いが見分けられないらしいです。

 

この数値が反映されるのは、凝ったカラーグレーディングをする場合ということです。

もちろん情報量が大きくなれば、データ量も大きくなるので、用途によって選べばいいと思います。

 

まとめ

以上、動画撮影で設定できる『Bit数』について解説しました。

では、また。

 

The following two tabs change content below.
広島県東部を拠点に活動するビデオグラファー。 このブログでは、カメラ・写真・映像に関することを発信していきます。