シャッターアングルについて。シャッタースピードとの違いとは?

「シャッターアングルについて。シャッタースピードとの違いとは?」のアイキャッチ画像

 

ギダッチギダッチ
どーも、広島県の映像クリエイター、ギダッチです。フリーランスで映像を仕事にして生きています。

 

安価で手に入れられるシネマカメラ【Blackmagic Pocket Cinema Camera】が普及したことにより、映画のようなクオリティーで撮れるシネマカメラに魅了される人が続出しています。

 

とはいっても、今までスチールカメラしか使ってこなかった人達も多いと思います。

シネマカメラでしかない機能もあるので、迷いますよね。

 

そんな今回は、『シャッターアングル』について掘り下げていきたいと思います。

 

シャッターアングルとは

シャッターアングル』とは、映像のフィルムカメラ時代から採用されているシャッター規格です。

かつてはシャッターを切るために回転ディスクを回転させることで、光の調節をしていました。


出典:ちらし寿司

 

このように、サークルの開いている角度を変えることで、露出時間を変えていたんですね。

 

補足説明

角度が広くなればなるほど、露出時間が長くなります。(シャッター速度が遅くなる)

これが、シャッターアングルを現す値になります。

 

180度』が一番自然なアングルと言われていて、適度なモーションブラーを得られます。

例えば、24FPSの場合、シャッタースピードで表すと『1/48』(フレームレートの2倍の数値)になります。

 

ちなみにBMPCC4Kでは、設定でシャッタースピードかシャッターアングルかを決めることができます。

 

スポンサーリンク

シャッタースピードとは

反対に『シャッタースピード』とは、スチールカメラで用いられるシャッター規格です。

シャッター幕を降ろす速度で、露出時間を制御できます。

 

1/5、1/24、1/48

このような数値で表されます。

 

この数値が上がるにつれて、ブレがなくなり、止まったような動きになります。

下記の画像が非常にわかりやすかったので、引用させていただきました。


出典:6666666

 

 

シャッターアングルとシャッタースピードどっち?

シャッターアングル』についてわかったけど、どっちを使うのがいいの?

と思うと思います。

 

結論から言うと、”どちらでも問題ない”ということになります。

 

どちらを使っても最終的な結果は同じなのです。

ですが、シャッターアングルの方は、一度角度を設定すれば、FPSによって数値を変更する必要がないので便利になります。

 

基本『180度』にしておけば問題ないです。

 

まとめ

以上、『シャッターアングル』について勉強してきました。

ありがとうございました!

 

The following two tabs change content below.
広島県東部を拠点に活動するビデオグラファー。 このブログでは、カメラ・写真・映像に関することを発信していきます。