フィルムカメラで撮影する海外の写真家8選

Instagram

どーも、ギダッチです。

今はデジタルカメラが主流の時代ではありますが、フィルムカメラを用いて独自のイメージを作り出しているクリエイターが世界にはいるんですよね。

そこで今回は、インスタグラムで人気のあるフィルム写真家を8名ご紹介します。

では、いってみましょう!



スポンサーリンク


Alison Scarpulla

アメリカ・ニューヨーク生まれ、オハイオ州クリーブランド在住のフォトグラファー、『Alison Scarpulla

神秘的で幻想的な作風が人気で、各国で個展を行ったり、写真プリントをネットで販売したり、写真家として活動しています。

アート的な感性に惹かれます。

 

View this post on Instagram

 

Alison Scarpullaさん(@alison.scarpulla)がシェアした投稿

Alison Scarpullaのウェブサイトはこちら⇓

alison scarpulla
Alison Scarpulla Photography

スポンサーリンク

Maya Beano

ヨルダン生まれで、現在イギリスのケンブリッジで科学者をしているという『Maya Beano

アート的な写真を得意とし、フィルムカメラを駆使し、幻想的なイメージを作り出しています。

 

View this post on Instagram

 

Maya Beanoさん(@mayabeano)がシェアした投稿

Maya Beanoのウェブサイトはこちら⇓

Maya Beano
Photographer Maya Beano

Grant Spanier

ロサンゼルスに拠点を置く写真家、『Grant Spanier

主に中判カメラを用いたポートレート写真を撮っていますね。

特徴として、フィルムの枠までスキャンして作品の一部にしているんですよね。

 

View this post on Instagram

 

さん(@grantspanier)がシェアした投稿

 

Edie Sunday

実験的なアート写真を創りあげる女性アナログフォトグラファー『Edie Sunday

フィルムの質感を活かし、抽象的なイメージを創りあげています。

セルフポートレートなども行っているようです。

 

View this post on Instagram

 

edie sundayさん(@ediesunday)がシェアした投稿

Edie Sundayのウェブサイトはこちら⇓

EDIE SUNDAY

Nima Elm

イギリス・ブライトンで活動するフォトグラファー『Nima Elm

主にポートレートを撮影しています。

この方も中判カメラで撮影しているようですね。ナチュラルな作風が心地いいです。

 

View this post on Instagram

 

Nima Elmさん(@nimaelm)がシェアした投稿

Nima Elmのウェブサイトはこちら⇓

Nima Elm

Sergey Neamoscou

ストリート写真や、風景写真を実験的にアートに仕上げるフォトグラファー『Sergey Neamoscou

わざとブレさせたり、歪みを加える事で抽象的でミステリアスな雰囲気を作り出しています。

 

View this post on Instagram

 

Sergey Neamoscouさん(@neamoscou)がシェアした投稿

Sergey NeamoscouのFlickrはこちら⇓

Sergey Neamoscou
Explore Sergey Neamoscou's 718 photos on Flickr!

Glashier

ベルリンとロンドンを拠点とする映画製作者であり、フォトグラファーである『Glashier

ストーリー性のあるイメージを作り出すクリエイターですね。

様々なミュージックビデオも監督しており、フィルムメーカーとしても活躍しています。

 

View this post on Instagram

 

Film Maker / Photographerさん(@glashier)がシェアした投稿

Glashierのウェブサイトはこちら⇓

Film Maker & Photographer 
Music Video Director and Photographer based Berlin & London - Created videos for the likes of Bonobo - Fatboy Slim - Juliette Lewis - Above and Beyond.

Heyden Clay

アメリカのアナログフォトグラファー『Heyden Clay

多重露光を多用して独自のイメージを作り出しています。

何かを訴えかけるような幻想的な作風が良いですね。

世界の様々な場所で撮影しています。

 

View this post on Instagram

 

Hayden Clay Williamsさん(@hayden_clay)がシェアした投稿

Heyden Clayのウェブサイトはこちら⇓

Hayden Clay
Website showcasing the creative film photography of Hayden Williams, a photographer who shoots dreamy and colorful multiple exposures on film.

まとめ

いかがでしたでしょうか?

インスタグラムで人気のあるフィルム写真家を8名ご紹介してきました。

海外では、フィルムはまだまだ人気があり、Kodakもリバーサルフィルムを再販したばかりです。

フィルムは、アート的な写真と相性がいいんですよね。

みなさんも、フィルムでアートを作り出してみませんか?

では、今回はこの辺で。

コメント