映像を簡単にフィルムルックに!【Film Convert】は最高なプラグインだった!

「映像を簡単にフィルムルックに!【Film Convert】は最高なプラグインだった!」のアイキャッチ画像

 

ギダッチギダッチ
どーも、広島県の映像クリエイター、ギダッチです。

 

今回ご紹介するのは、映像(動画)を簡単にフィルムルックに出来る、動画編集ソフト用のプラグイン【Film Convert】です。

 

先日購入し、早速使ってみましたが、本当に簡単にフィルムの質感を得ることができましたよ!

 

【Film Convert】とは

Film Convert】は、PCの動画編集ソフトで使用できるプラグインです。

 

対応編集ソフト一覧

・DaVinci Resolve

・Adobe Premiere Pro

・After Effects

・Final Cut Pro

 

本当に簡単に、映像をフィルムルックに、味わいある仕上がりにしてくれるプラグインになります。

Mac、Windowsで使用可能。

 

 

【Film Convert】の料金

Film Convert】の料金は、買い切りタイプで、2021年現在割引価格になっていまして、139ドルです。

※すべての編集ソフトで同料金です。

補足説明

日本円で、2021年時点で14,750円でした。

 

スポンサーリンク

【Film Convert】の購入方法

まずは、こちらの公式サイトに行きます↓

Film Convert

 

 

まずは、無料体験で試してみましょう。

DOWNLOAD YOUR TRIAL NOW』というボタンで、ダウンロードできます。

 

Zipファイルのインストーラーから、ソフトをコンピューターにインストールすれば、編集ソフトの方で読み込めると思います。

補足説明

試用版なので、ロゴの透かしが入ります。

 

購入方法

アカウントを作成します。

 

LOG IN』を押します。

 

 

SIGN UP』で登録します。

 

アカウントが作成できたら、サイト右上の『BUY NOW』を押します。

 

次に、使用したい編集ソフトの『BUY』を押します。

 

 

クレジットカード情報を入力します。

※PayPalでも可能

 

補足説明

オーストラリアのYouTuber『Of Two Lands』専用のクーポンコードを入力すると、10%OFFで購入できます!

クーポンコード=OFTWOLANDS

Add Promo Code』を押して入力します。

 

Next』を押して購入を完了します。

登録したメールアドレスに、ライセンスキーや今後の流れが記載されたメールが届きます。

 

 

アクティベート方法

Film Convert】をアクティベートしていきます。

メールに添付されていた、『FKVファイル』をダウンロードします。

 

注意事項

この時点で、試用版をインストールしてない場合は、サイトトップから試用版をインストールしておきましょう。

 

編集ソフトを開きます。

今回は、DaVinci Resolveでの操作方法になります。ソフトによっては操作方法は変わると思います。

 

【Open FX】から『Film Convert』を選択し、ノードに適用します。

設定画面の下の方に『Activate License』というボタンがあるので、これを押します。

 

そうすると、ファイルを選択できるようになるので、先ほどダウンロードした『FKVファイル』を選択します。

これでアクティベートが出来ているはずです。

 

 

【Film Convert】の使い方

Film Convert】の使い方を見ていきましょう。

 

補足説明

今回は、DaVinci Resolveでの操作方法になりますが、中身は同じだと思います。

Camera Settings

Choose Camera Profile』から、撮影したカメラを指定します。

 

設定したら『Apply』を押します。

 

ここでのパラメータの詳細はこちらです。

Exposure=露出

Temp=ホワイトバランス

Tint=ティント

Saturation=彩度

 

このカメラセッティングだけでも、いい感じになります。

 

Film Settings

Film Stock』では、様々なフィルムを選択することができます。

 

これでルックがかなり変わってきます。

 

各パラメータは、右に行くほど効果が強くなります。

ここは言葉よりも実際に操作して覚える方が早いと思います。

 

Grain Settings

ここでは、グレイン(粒子)の荒さを設定できます。

いわゆるフィルム特有の質感を出すのには大事なところになります。

 

Levels

ここでは、『白レベル』『黒レベル』などの設定ができます。

これも細かい表現が出来るのでおすすめな設定です。

 

Overlay Params

ここでは、DaVinciのカラーページにあるようなホイールの設定ができます。

 

Shadow

・Mid

・Highlight

 

Film Convert適用前

 

Film Convert適用後

 

 

【Film Convert】の作例

Film Convert】を使って制作した作例をご紹介します。

 

 

【Film Convert】のおすすめレビュー

Film Convert】はいろんなYouTuberがレビューを行っています。

いくつかご紹介します。

 

 

 

 

 

まとめ

以上、かんたんにフィルムルックな映像が出来るプラグイン【Film Convert】をご紹介しました。

では、また。

 

 

The following two tabs change content below.
広島県東部を拠点に活動するビデオグラファー。 このブログでは、カメラ・写真・映像に関することを発信していきます。

この記事を書いた人

ギダッチ

ギダッチ

広島県東部を拠点に活動するビデオグラファー。
このブログでは、カメラ・写真・映像に関することを発信していきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA