【FUJIFILM GFX 50SⅡ】とオールドレンズ【PENTAX6×7 90mm F2.8】

「【FUJIFILM GFX 50SⅡ】とオールドレンズ【PENTAX6×7 90mm F2.8】」のアイキャッチ画像

 

ギダッチギダッチ
どーも、ギダッチです。

今回、思い切りすぎまして、中判カメラ【Fujifilm GFX 50SⅡ】を購入しました!!

 

そして、レンズに選んだのは中判フィルムカメラPentax 6×7用のレンズ『PENTAX6×7 90mm F2.8』です。

 

【Fujifilm GFX 50SⅡ】とは


出典:FUJIFILM

 

【Fujifilm GFX 50SⅡ】は、2021年に発売された、中判デジタルカメラです。

 

「GFX 50S」の後継機として、進化を遂げました。

「GFX 50S」との違いはと言いますと、手振れ補正の有無、ボディーのコンパクト化、プロセッサーも違っており、「GFX 50SⅡ」のほうがオートフォーカス性能がアップしているとのこと。

 

 

【Fujifilm GFX 50SⅡ】のスペック

発売日 2021年09月29日
センサー 中判(43.8×32.9mm ベイヤーCMOS)
画像処理エンジン X-Processor 4
画素数 5140万有効画素
最大記憶画素数 8256×6192px
ISO 常用: 100-12800、拡張: 50-102400
連写性能 3コマ/秒(非圧縮RAW: 8枚、JPEG: エンドレス)

 

▼詳しくはこちらで

https://fujifilm-x.com/ja-jp/products/cameras/gfx50s-ii/specifications/

 

なぜ【Fujifilm GFX 50SⅡ】を買ったのか

実は、当初はYouTubeかSNSで【Fujifilm GFX 50SⅡ】で撮られた写真を見たのが始まりでした。

 

それは、素晴らしく透明感があり、中判のなんともいえない描写に釘付けになったんですね。

 

▼おすすめのnote記事

https://note.com/re_tk_photo/n/n438afd9a4c08?sub_rt=share_pw

 

以前、フィルムでの中判は経験済みだったこともあり、中判の凄みを知っていたので、これは画の力として武器になるのでは?と思い、購入することに決めました。

 

マップカメラでの中古良品で、約35万円ほどでした。

 

 

レンズをどれにするか悩んだ結果

実は、最初に購入したレンズは『Minolta Rokkor-PF 58mm F1.4』というオールドレンズを購入して使っていました。

 

これはこれで良いのですが、フルサイズ換算で46mmほどの標準画角で、解像感が柔らかな表現に最適なのですが、もう少し中望遠クラスが欲しくなり。

 

そこで見つけたのが、Pentaxの中判用のレンズです。

 

GFXではオールドレンズで運用していこうと思っていたのですが、問題はどのレンズがいいのか、ということ。

 

作例をネットで漁っていくうちに、どうやら中判フィルム用のレンズが安くて良い!と知りました。

 

あの有名な写真家、濱田英明さんも、GFXとPentax67レンズのコンビで撮影していると知り、ますます興味が湧いていきました。

 

 

そして、地元のカメラ屋さんにフラッと行ってみると、なんとPentax6×7レンズがたくさんあるじゃないですか!!

 

しかも状態も良いものが多く、密かに目をつけていた画角の『SMC Takumar 90mm f2.8』を購入しました。

 

90mmのレンズをGFXで使用すると、フルサイズ換算で0.8倍になるので、約『72mm』の焦点距離になります。

 

 GFXでPENTAX6×7 90mm f2.8を使うには

GFXでオールドレンズを使うには、専用のマウントアダプターをボディーとレンズの間にかませて装着する必要があります。

マウントやメーカーも様々なものがあります。

 

今回僕が購入したのは、『K&F Concept』のGFX⇄Pentax67アダプターになります。

 

Fotodioxのものもあります。

 

 

【Fujifilm GFX 50SⅡ】とPENTAX6×7 90mm F2.8の作例

 

この解像感すごい。

THEオールドレンズらしく、ぐるぐるボケが出ています。

 

すべてJpegで撮影し、『Luminar Neo』で現像しました。

フィルムシミュレーションは、クラシックネガです。

 

これから欲しい【Fujifilm GFX 50SⅡ】用のレンズ 

今回、中判用のレンズを購入して、その描写性の虜になりました。

 

次に欲しいレンズですが、やはり、今回と同じPentax67マウントの少し広角(55mm、45mm)あたりを狙っていこうかなと思います。

 

あと、Minoltaのフルサイズレンズもすごく良いので、Minoltaの中望遠もいいかもしれません。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

正直、まだまだこのカメラとレンズを使いこなすには修行が必要そうなのは確かです。

 

撮影しまくって精進いたします。

created by Rinker
富士フイルム(FUJIFILM)
¥418,000 (2024/06/23 13:22:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

動画でもお話ししています。

The following two tabs change content below.
広島県東部を拠点に活動するビデオグラファー。 このブログでは、カメラ・写真・映像に関することを発信していきます。

この記事を書いた人

ギダッチ

ギダッチ

広島県東部を拠点に活動するビデオグラファー。
このブログでは、カメラ・写真・映像に関することを発信していきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA